名古屋市中村区の漢方のかわい薬局です。


アトピーとステロイド

ステロイド軟こうはアトピーの症状をはじめ、炎症を伴う皮膚疾患にはにはかかせないお薬です。かゆみ、赤みを手っ取り早く抑えてくれるすばらしいお薬です。今でも炎症やかゆみを伴う皮膚病にはよく処方されています。

しかし、ご存知のとおりステロイドはアトピーそのものを根治するものではなく、炎症(赤み・かゆみ)を一時的に抑えるもの。 短期間に使えば炎症がおさまるというすばらしい効き目があるものの、慢性的に使い続けると最終的に効きにくくなるし、やめればリバウンド(炎症症状が急激に悪化する状態)をおこすこともあるというお薬です。

ステロイド軟膏は使い方に注意が必要です!の図 仮にステロイド軟こうの使用を中止して起こるステロイドによるリバウンド状態を離脱できても、もとからあるアトピー症状は治らないこともあります。

今現在、ステロイド軟膏を使わずにアトピーをコントロールできている状態ならそのまま今の体質改善を続けていくことによって克服できるかもしれません。

しかしアトピー症状に長い間悩まされてステロイド軟膏をなかなか手放すことの出来ない状態の人は、まずはステロイドをあまり使わないですむような状態にする事から始めましょう。 自分の判断で急にステロイドの使用をやめることはかえって危険です。

ステロイドの使いすぎはよくないとはよくいわれていることですが、それはなぜでしょうか。その理由をここでいくつかあげてみましょう。

ステロイド軟膏を長く使い続けているとどうなるの?

毛細血管が拡張する
見た目に血管が浮いているのが見えたり、皮膚が赤い状態になります。
皮膚が薄くなる
お肌のみずみずしさを保つコラーゲンやエラスチンを作る元となる繊維芽細胞が壊されるため新しい皮膚ができにくくなるので、皮膚が萎縮してしまう。 そのため角質層が薄くなります。細かいしわができることもあります。
皮膚の抵抗力が弱まる
ステロイドの働きに免疫抑制作用があるため皮膚の抵抗力が弱まり、菌やウィルスに感染の危険が増す。(ニキビ・ヘルペス・カンジタなどにかかりやすくなることも…)
血管がもろくなる
血管の弾力がなくなり血流障害を起こしやすくなる。皮膚は大切な排泄器官でもあるのですが血流が悪くなると、新陳代謝が弱まります。 ちょっとしたことでも内出血を起こしたり、出血しやすくなることがあります。
副腎機能が弱まる(大量に使った場合や長期間使い続けている場合)
ステロイドの連用によって副腎の働きが機能低下する場合があるため、人によっては全身にひどいリバウンドを起こすことがあります。

数日〜数週間使うだけならば、なんら問題はありません。しかしステロイドの連続使用期間が年単位になってくると要注意です。ステロイド薬を使いつづけているうちに、だんだん効き目が悪くなってさらに強い薬に切り替えた経験はありませんか。

また、一時的に赤みがひいてもカサカサが取れない、細かいしわが目立っている、ゴワゴワ硬い皮膚になってきた、血管が浮き出てきた、ヘルペスを繰り返す・・・などはステロイドの長期連用によっても引き起こされることがあります。

上手にスキンケアを活用して、副作用のことを頭に入れて薬を賢く使うことが大切です。

ステロイド軟膏を急に中止するとこのような状態になることも・・・

ステロイドの使用を急にやめると、ステロイドをつけていて抑えられていた炎症症状が急に悪化し、今までアトピーが出ていなかった部位にまで広がってくることがあります。

また、ステロイドの長期連用による皮膚のダメージが一気に出てくることも。これをステロイドのリバウンド現象という事があります。

その代表的な例は・・・

この状態が1〜2ヶ月の辛抱ですめばまだよいのですが、症状がおさまるまでにはかなり時間がかかるのが現状です。 学校や仕事を休んだりして日常生活に支障をきたしてしまい、ステロイドを使う生活に逆戻りしてしまう人も多いのです。

すべての人がこうなるわけではないですが、最悪の場合はこのような状況になることもある、ということを頭に入れておいて下さい。

そのため急にステロイドの使用を止めてしまうのはきわめて危険な場合があります。長年使用してきた人には少しずつ減らしていくことをおすすめしています。 まずはステロイド薬に頼らなくてもすむようなからだ作りを心がけましょう。

ステロイド軟膏を徐々にやめていくことは可能なの?

急なリバウンド症状を避けるために徐々にステロイドを減らしていくことは、とても大切です。(激しい症状を我慢する覚悟のある方でも急に止めてしまうことはお勧めできません。)

しかしそのためには、漢方薬や生活習慣の見直しで体が治る力(自然治癒力)を積極的にひき出し、アトピー症状が出にくくすることが不可欠。それに加え、皮膚の状態を少しでも保護する為にスキンケアが重要です。

かゆみが軽減できれば必然的にステロイドの使用量は減っていくはずです。ただし、今一度ステロイドの使い方をきめこまかく考え直す必要があります。

このようなことを守りながら少しずつ減らしていきましょう。塗る量を意識するだけでも使い方は変わってくるはずです。まずはスキンケアでしっかりと保湿をしてその後薬を付けるようにします。

店頭でもよく聞く話ですが、ステロイドをハンドクリームのように保湿剤代わりに使っている人も結構多いのです。 何度も言うようですがステロイドは正しい知識を持って使うことが必要です。

最終的にはステロイドを使わずにすむように治る事が目標ですが、つらいときには上手に活用するのも一つの方法です。 何かわからないことがあれば、お気軽にお問い合わせ下さい。

お気軽にお電話でお問い合わせ下さい。メールはこちらからどうぞ。
 電話 052−471−3774

Copy right(C) kawai-yakkyoku all right reserved このサイトはリンクフリーです。
OC-35