妊娠中のトラブルと漢方薬

産後の漢方はこちらへ

ようやく無事に赤ちゃんがお腹で育ち始めてほっとしたのもつかの間、妊娠中そして出産後とまだまだ長い道のりが続きます。その中では体調を崩す事もしばしば。

そんなときも漢方薬はとても助けになる事が多いのです。ここでは妊娠中、出産、産後によくあるトラブルやその改善策をご紹介します。     

つわりと漢方

妊娠がわかってホッとしやれやれと思った頃に起こるのがつわりです。中にはつわりで妊娠に気づくという人もいるほど妊婦さんが最初に直面する症状ではないでしょうか。つわりの症状は実に人それぞれ。

軽い胃のムカムカを感じる位の人から水を飲んでも吐いてしまうという重度の妊娠悪阻(にんしんおそ)までつわりと一言にいっても症状は多彩です。多少食欲の落ちる程度のつわりならばなんとか休みながら乗り切ることも出来ます。

しかし食事が十分に取れないようにひどいつわりのときは漢方薬も試す価値があります。もちろん重度のつわりの場合は点滴などでの栄養補給が必要になる事もありますが、漢方薬で吐き気が楽になる事も多いのです。

つわりの代表的なお薬としては…

などがあります。
いずれも煎じ薬で飲むほうがよく効きます。吐き気が強く飲めない事もありますが、冷たくしてなめるようにして飲むだけでも少しずつ効いていきます。

また一旦飲めても後から吐いてしまうこともありますがそれでも少しずつ体に吸収されているので効いていきます。あまりにひどいつわりの時には我慢せずに1度漢方薬も試してみる価値があると思います。

どんなお薬を使うのかはひとりひとりの体質や症状によっても異なりますので、 ご希望の方は必ず1度御相談下さい。漢方薬は粉薬・煎じ薬共に1日分400円です。

漢方薬をご希望の方は一度ご来店いただくか、お電話でご相談ください。 電話 052-471-3774

妊娠中の便秘・痔と漢方

妊娠中によくあるトラブルといえば便秘や痔です。もともと便秘気味のかたはもちろん、普段は便秘なんてした事ない!という人でも妊娠中、特に出産が近づいてくるにつれて便秘がちになります。実に妊婦さんの40パーセントが便秘を訴えその半数近くが下剤を服用しているとの報告もあるくらいです。

妊娠中の便秘の原因としてはホルモンの関係やつわりによる食事の減少、運動不足、さらに胎児が大きくなるにつれ腸管を圧迫したり横隔膜を押し上げたり腹直筋が伸びたりして腸管の運動が悪くなることが考えられます。
また大きなお腹の圧力によりお腹の血管が押しつぶされ下半身の血流が悪くなり冷えや痔を併発しさらに便秘傾向を強くします。

そこで下剤を服用という事になってしまうのですが、妊娠中に使える下剤は限られてしまいます。妊婦さんの便秘はまずは生活習慣の改善から始めましょう。普段の生活習慣を変えるだけでもできる事があります。

またセンナは生薬(ハーブ)だからと安心と思って使ってはいけません。お腹を冷やしてしまいます。 では妊婦さんの便秘や痔にはどんな漢方薬がよいのでしょうか?

便秘や痔によく使う漢方薬は・・・

妊娠以前から下剤を使っている便秘体質の人には…

普段はあまり下剤を使う事のない人には…

などがあります。ただし漢方薬は薬です。服用する際には必ず相談の上、お薬をお選び下さい。

漢方薬はひとりひとりの体質により使い分けるお薬ですので服用をご希望される場合は必ずご相談下さい。(煎じ薬・粉薬…1日分400円)

漢方薬をご希望の方はご来店いただくか、電話でお問い合わせ下さい。電話 052-471-3774

安産のための漢方薬

大昔には妊娠中のトラブルやお産のトラブルには現代医療のような対処法も無かったためでしょうか。漢方薬には妊娠や出産にまつわる沢山の処方があります。

まず流産の予防や出血の予防のためのもの。一時的な出血は安静にして病院の止血剤を飲んで対処する事が多いと思います。漢方薬にも同じような切迫流産の予防の為のお薬があります。

特に原因不明で流産を繰り返すような人は妊娠前から漢方薬を服用して予防するものもあります。体の冷えや免疫系のトラブルが関係しているのではないかと言われています。 胃腸が弱く体の冷えやすい人は漢方の服用を続け無事出産される人も多いのです。不育症と診断された方でも漢方薬の併用で無事出産されている方もいます。

また妊娠後期によくみられる、むくみや妊娠高血圧の予防にも漢方薬は有効です。安産の為にもしっかり予防したいですね!

妊娠中によく使われる漢方薬・自然薬

自分でも妊娠中を通して当帰芍薬散を飲み続けました。そのおかげでつわりもさほどひどくならず、むくみなどのトラブルも皆無でした。

もちろん安産のためには食事や運動など色々欠かせません。ただ安産のために漢方薬を服用していると赤ちゃんも丈夫になるなど、産後も母子ともにトラブルが少ないと昔から言われています。

ショウキT-1(タンポポ茶)[清涼飲料]  30包…10450円(税抜)     ショーキT1+買い物カートへ

タンポポの葉から抽出される貴重な成分・糖鎖を飲みやすいお茶にしたショウキT−1。

たんぽぽ茶 ショウキT-1

妊娠中はタバコやお酒などを控えて養生する必要があります。羊水はお母さんが摂取した飲食物などから吸収したものに大きく影響され赤ちゃんの成長にも深く関与します。

タンポポT-1には利尿作用により尿量を増やし赤ちゃんにとっての最適な環境づくりに役立ちます。

味もとても飲みやすく1回に1袋をカップに入れて温めて飲みます。香ばしい麦茶のような味です。1日2〜5包の服用がおすすめです。煎じる手間がなく、便利です。

ショウキT-1をご希望の方はよろしければ一度ご来店いただくか、お電話かメールにて服用量などをご相談ください。発送も承ります。 電話 052-471-3774 
妊娠中の高血糖や妊娠中の高血圧、むくみの予防にも病院等でも使われています。また妊娠中のウィルス感染にも注意が必要。ショウキT-1を飲んで妊娠中も元気に過ごしたいものです。
※ショーキT1についての詳しい説明は、ショーキホームページもご覧ください!

他にも安産のために心がけたいことは・・・(自分でも実践したこと)

おかげでお産にもさほど時間もかからず、無事赤ちゃんを出産する事ができました。

漢方薬をご希望の方はご来店いただくか、電話でお問い合わせ下さい。電話 052-471-3774

出産と漢方薬(番外編)

臨月に入った妊婦さんが気になる事と言えば、いったいいつ陣痛が始まるのか・・・?ということ。

既に赤ちゃんが十分大きくなっていればいつ生まれても安心です。それどころか、予定日が過ぎるとそれはそれで早く生まれてくれなきゃ!と心配になる人も多いのでは。

私の場合は予定日の数日前には既に赤ちゃんがかなり大きくなっているにもかかわらず、下がってきていません。「このまま生まれないと下からは出産できないかも・・・。」と暗に帝王切開の可能性もあると先生はつぶやいていました。

なんとしても予定日までには産まれて欲しい!ととにかく散歩をしましたが全く兆候がありません。予定日の3日前の検診でも赤ちゃんは下がってきておらず、その日から陣痛を促すために使われることのある漢方薬を自分で試してみました。

するとその薬の効果かどうかは定かではありませんが、その晩から急に赤ちゃんが下に下がってきた感覚があり翌日には軽い前駆陣痛が何度かありました。

そしてさらに次の日には本格的に陣痛が始まり夜日付の変わる頃に生まれたのです。赤ちゃんが生まれたのは予定日の1日前でした。この時点ですでに3400g超えの大きめの子だったので予定通りに生まれてくれて本当によかったです。

漢方薬というのはその時々の状況に応じた処方がいくつもありとても面白いなと感じた出来事です。(何度もいうようですが薬の効果かどうかは今となっては定かではありません・・・。)

※予定日超過で早く何とかしたい!と思っていらっしゃる方は一度漢方専門の薬局にご相談にいかれるとよいかもしれません。

このように妊娠中にも使える漢方薬は色々あります。もちろん漢方薬といえどもお薬なのできちんと相談の上選ぶ事が大切です。気になる方はぜひ参考にしてみてください。またお問い合わせ、ご相談ももお気軽にどうぞ。

お気軽にお電話でお問い合わせ下さい。メールはこちらからどうぞ。
 電話 052−471−3774

Copy right(C) kawai-yakkyoku all right reserved このサイトはリンクフリーです。
OC-35