名古屋市中村区の漢方のかわい薬局です。


マラソンと漢方薬

カラダのバランスをととのえる漢方薬。せっかくだからマラソンに応用できないかしら・・・と思って色々試行錯誤。結構面白いことが発見できました。

マラソンランランナーと水分補給

漢方薬の文献である傷寒論に五苓散(ゴレイサン)という漢方薬が載っています。そこには

太陽病 発汗後 大汗出 胃中乾 煩躁不得眠 ・・・
  若脈浮 小便不利 微熱 消渇者 五苓散主之 

このような項目があります。これをマラソンに当てはめてみると…

マラソン中の効率よい給水は?の図

昔は「運動中は水分をとってはいけない」などと今では考えられない事が平気で言われていました。「汗をかいたら水分を摂る」はいまや常識です。もちろんマラソンのトレーニングにも水分補給は欠かせません。

本来ならば喉の渇きを覚えた時点では遅すぎる水分補給。でも夏場にトレーニングに励んでいるとつい水分補給のタイミングが遅れて失敗してしまいます。

こんなときはどんなに水を飲んでも喉の渇きはおさまりません。最後は胃でチャポチャポ音がするのにまだ飲みたい・・・などといった状態になる事があります。

そんな時には五苓散がいいですよ・・・と書いてあるのです。

トレーニングの前に五苓散を一服。カラダへの水分の吸収が本当にスムーズになるのでビックリです!

マラソンランナーの心臓を守る

中国の医書「医学敬源」に収載されている生脈散(ショウミャクサン)という漢方薬があります。 生脈散は人参・麦門冬・五味子の3つからなる漢方薬です。

人参
滋養強壮にはなくてはならないお薬です。
麦門冬
「養心潤肺」「滋陰益腎」…心肺機能を高めカラダの潤いを維持するお薬です。
五味子
「養心益腎」「生津斂肺」「固脱止汗」…カラダを丈夫にし大量発汗を止めるお薬です。

スペシャルドリンク マラソンのトレーニングなどの激しい運動で発汗過多になります。

生脈散にはドロドロした血液をサラサラにし、心臓を守る働きがあるのです。

生脈散には体力が消耗し動悸・息切れ・疲労倦怠感などに陥った時に回復させる効果があります。スポーツドリンクに溶かして飲むと爽やかな酸っぱいスペシャルドリンクの出来上がりです。スポーツをしている人は生脈散ファンが結構多いです。

これに加えて前頁で紹介した牛黄清心元を持っていれば、マラソン大会でも踏ん張りがききますし、いざという時の心臓の負担を軽減する働きもあるのです。

(余談ですがかつて父が心筋梗塞で入院した時にも清心元を服用してもらい回復がかなり良かったこともあります。)


マラソンランナーと痙攣(けいれん)

また傷寒論(ショウカンロン)には
傷寒 脈浮 自汗出 小便数 心煩 微悪寒 脚攣急スルニ
   反ッテ桂枝湯ヲ与エ 欲攻其表 此誤也
      若ケツイエ足温ナル者ハ芍薬甘草湯ヲ作リ与エヨ

このような項目もあります。  

発汗過多のために脱水症状を起こしてヒフク筋(ふくろはぎの筋肉)の痙攣を起こしたものは芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)がいいと書いてあるのです。

芍薬甘草湯(ゼリータイプ)  価格はお問い合わせください。1包より小分け販売します。

冬でも何時間も走れば大量の汗をかきますし、長距離走ると筋肉疲労は必ず起こすものです。幸運にも私は走っていて足の痙攣を起こした事はありませんが周りではちょくちょく聞きますし、マラソン大会でも時々足がつって痛そうにしている人を見かけます。

そんな経験のある人はマラソンを走る前に芍薬甘草湯を予防で飲んでおくと良いかもしれません。携帯にも便利で水無しで飲めるゼリータイプの芍薬甘草湯(松浦漢方製)があります。

これは画期的な商品で走っている途中でも栄養ゼリーのように水無しで服用できるのです!芍薬甘草湯は頓服でも効果があるのでマラソン中やレースの後半に足がつってお困りの方は、ぜひ一度お試しを! フルマラソンならば当日の朝とハーフ地点での服用がオススメです。甘くて飲みやすい味です。※もちろん、けいれん予防には適切な水分補給、塩分補給、体調管理を忘れずに!が大前提です

松浦の芍薬甘草湯ゼリーを購入ご希望の方は一度ご来店いただくか
メール・お電話でお問い合わせください。発送もできます。 電話 052-471-3774

マラソンランナーとカゼ

マラソンをはじめるようになってからよく風邪をひくようになりました。マラソンをすると風邪もひかない丈夫な体になると思っていたのでこれは予想外!?

なぜカゼをひきやすくなるのか

「毎日走っていると体も丈夫になり風邪なんかひかなくなるでしょ!」とお客様にもよく言われますし、実際私もそう思っていました。ところがどうもそうではなく、逆に走り始めてから風邪をひく回数はむしろ多くなりました。

よく考えれば納得できること。走っているときは平常時よりもより多くの呼吸をします。とくに冬の夜などはかなり冷え込みますから、冷たくしかも乾燥した空気を多く吸い込むのです。

気管支やのどは当然うるおいがなくなります。ウィルスにとって乾燥した状態は一番住み心地がいいのです。そのうえ目一杯走りこむと疲労によって免疫力も低下していきます。

カゼ予防の三か条

ウチで風邪の常備薬として使っているは十神湯(じゅっしんとう)という漢方薬。これは葛根湯をベースに胃腸に優しく、かつカラダを温めるはたらきのある生薬を加えた漢方薬です。 これを生姜湯に溶かして服用すればカラダがポカポカ温まってきます。早めに服用すれば次の日にはもう治ってしまいます。

健康管理には普段から気をつけて、少しでもカゼかな?と思ったらすぐに風邪薬を飲んで思い切ってしっかり休みましょう。もうちょっと様子を見てから・・・、では遅いのです。

カゼの初期にオススメ!

 

十神湯(ジュッシントウ) 9包・・・1,800円 (税抜)        

12種類の生薬からできている漢方薬。飲むとすぐに体が温まります。眠くなる成分も入っていないので日中でも安心して服用できます。

また、お薬に敏感な方や妊娠中の人にも安心して飲んでいただける処方になっています。

熱いお湯で飲みます。お湯に溶かして飲むとさらに効果的。もちろん薬を飲んで温かくして、体を休めることが大切です。

カゼにももちろん使いますが、走った後の筋肉痛などにも使えます。

ほかにも…

など様々な効能のあるお薬です。ぜひお試しください。
十神湯購入をご希望の方は一度ご来店いただくか、
メール
・お電話でお問い合わせださい。 電話 052-471-3774
ランニングには他にも膝の痛みや筋肉痛など様々なトラブルがあります。食事やストレッチなどマラソンを続けることは体全体を見直す大きなきっかけでした。もちろん休息で何とかなる場合がほとんどですがほんの少し漢方などの助けを借りるとぐんと回復するスピードが早まったり楽に過ごせるようになる事も結構あります。
何か体の不調を感じることがあれば、ぜひ一度ご相談ください。ランナーの立場や気持ちになって相談にのることも出来ると思います。

お気軽にお電話でお問い合わせ下さい。 メールはこちらからどうぞ。
 電話 052−471−3774

Copy right(C) kawai-yakkyoku all right reserved このサイトはリンクフリーです。
OC-35