Category Archives:

ストレス R2・3・7

小学校の休校が決まってからもうすぐ10日。でも感覚はまだ10日。時間の長さを感じています。終わりの見えないスタートは結構きついものです。

いやでも目につくコロナの情報と話題。

そろそろ皆んなの「ココロ」がギクシャクしてきているように感じます。

十人十色の考えがあり、行動がありるわけで、それに対してのクレームが異常な状態です。

価値観を押しつけられればストレスが溜まり、行動を押しつけられればさらにストレスが溜まる。人格まで否定されるとストレスはMAXですね。

誰もが望んでいる事は、元の平和、平安の日常なのだけど・・・。

そこで今日は「ストレス」の解消。

とにかく日光にあたることと、風を感じること。

自然を感じるとストレスは少なくなります。

鳥の鳴き声、花の香り、とにかく自然を感じるように外に出てみる。

次に呼吸。

浅くせわしい呼吸はイライラを増幅させます。

深くゆっくりした呼吸はココロをおちつかせます。

それから普段の行動を楽しむ。

例えば食事。

「も〜めんどくさい、給食が無いと本当大変!」などと嘆かないで、切ること、蒸すこと、炒めること、盛り付けること全てを丁寧に、食材に感謝して作ることを楽しむ。

どうせ暇でやることが無いのだから・・・。

のんびり過ごすことの出来る時間は、今だけの特権。

猫を見習って・・・ノンビリ、ノンビリ。

猫の漢方相談もしています

漢方のかわい薬局  電話052-471-3774

人生の勉強 R2・2・29

知識を詰め込むだけが勉強ではない。

人間性を高めるだけが勉強ではない。

今日、保護していた猫(クロミ)が亡くなりました。

リンパ腫を患い顔半分以上が腫れ上がった黒猫です。

保護してから丁度7ヶ月目です。

昨日の夜クロミの夢を見ました。

お母さんにもう一度ご飯をもらいたい。

「早く、早く」・・・という夢です。

朝いつものようにご飯を完食しました。

そして3時間後に安らかに旅立ちました。

見事な生き様、見事な死に様です。

生きるとは生きようとすること。

もらった命を自分のために燃え尽くすこと。

生きるということを受け入れること。

とっても人生勉強させてくれた猫です。

自分の気持ちは自分のもの。

自分のカラダは自分のもの。

人のために生きているのではない。

人はなぜ他人の顔色をうかがいながら生きているんだろう。

自分で決めて自分で責任を取る。

ただそれだけでいい。

小手先の格好をつけた生き方なんかしなくていい。

優しさとは寄り添うだけでいい。

そんなことを教えてくれた猫でした。

本当に凄い猫でした。

ありがとう。

やる気を応援する薬局です。

漢方のかわい薬局 電話052-471-3774

2019.10.9 猫のがんにも漢方薬!

8月下旬、縁あって近所に暮らしていた病気のクロネコを我が家に保護しました。あちこちから血を流し、見た目からかなりの重病でもう長くは生きられないようでしたので近所のお友達と協力して保護することとなりました。名前はクロミ、推定2~3歳の女の子です。

保護翌日のクロミ

翌日獣医さんに連れて行きましたが獣医さんも思わず絶句するほどの腫瘍の大きさ。これは化膿ではなく、エコーで見たり細胞診をしたりした結果おそらく悪性の腫瘍(癌)であろうとのこと。ガリガリにやせていて体重もわずか2.5キロしかありませんでした。

これほどの重度であれば抗がん剤や放射線をしても寿命を少し伸ばす程度だろうといわれ積極的な治療は選択しませんでした。余命は1~数か月、年を越すのは奇跡的(ほぼ無理)と言われました。おそらくリンパ腫か扁平上皮癌ではないか…との見立て。猫白血病も陽性でした。

診断検査のための麻酔ですら命にかかわりそうでしたので抗菌剤のみ注射してもらい、このまま家で看取る覚悟を決めました。獣医さんからはもし苦しむようであれば安楽死の選択もある、とのことでしたのでいざというときはそうしよう、とお友達とも話し合いました。

腫瘍でのどや鼻を圧迫されているため常に口が開き呼吸もかなり苦しそうでしたが幸い食欲はありましたので、あとはひたすら漢方を飲ませるのみ!と決め、うちで考え得る最高の処方を考えました。

常に空腹に苦しむ野良猫だったせいか、幸い漢方薬を色々混ぜてもウェットフードであれば嫌がらずにしっかり食べてくれました。(カリカリは口の開け閉めも苦しそうで食べにくそうなので止めました。)

それから1か月。以前よりかなり食欲が増し、はげたところに毛が生えてきたな~、などと思っていたら写真を撮って比べてびっくり!腫瘍がかなり小さくなっていました。もちろん相変わらず大きい腫瘍ですが前回の写真よりはかなり良くなっています。

目にチカラも出てきました!

いつも開いていた口が閉じていることも多くなり右の鼻の穴を塞いで飛び出すほどだったピンクの肉腫も明らかに隙間が出来て鼻水が出るようになり小さくなってきています。

相変わらずいびきのような呼吸をしていますし、まだまだ途中経過ですが手の施しようのないといわれている末期がんなどの病気にも漢方がかなり効くんだな~と改めて実感しています。

並べると一目瞭然!

積極的な治療ができなくても、まだできることがあるかもしれません。気になる方はぜひご相談下さい。もちろん質問なども大歓迎です。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774 名古屋市中村区大秋町3-51

2019.6.19 子猫の里親さん決まりました!

先日の投稿でお知らせしていた子猫の里親さん募集。無事、ご縁が見つかり昨日お届けに伺いました。

520gに成長しました!

まだお試し期間ではありますがきっと先住猫さんともうまくいくと願っています。気にかけていただいき、どうもありがとうございました。

それにしても子猫の可愛さは半端ないです!2週間だけでしたが、楽しい幸せな時間を過ごせました。しばらく子猫ロスになりそうです…

漢方のかわい薬局 名古屋市中村区大秋町3-51 電話052-471-3774

2019.6.11 子猫の里親さん募集!

いよいよ名古屋も梅雨入りしましたね!

そんな梅雨入りの先週の水曜日。近所で朝から鳴いている子猫がいるとの情報がありました。そのうち母猫が迎えに来るかな~と思っていましたが夜になっても一人ぼっちでフラフラさ迷っていました。

まだ300g位の子猫

見かねて保護。生後1か月~2か月ほどのキジ白のオスの子猫ちゃん。ノミだらけで極度の栄養不良との診断でしたが駆虫し、ご飯も食べられるようになり、後はもう少し目薬治療をすればもっと元気にキレイになります!

人慣れ抜群で、すぐにひざや肩に乗ってきます。先住ネコさん達にも物おじしません。トイレも覚えました。

とってもかわいく人懐っこい子で本当はうちの子として迎えたいところですが、うちにはすでに4匹猫がいるので、できれば可愛がってくれる方にもらっていただきたいです。

目薬治療中です!

お見合いも可能です。気になる…!という方はぜひ一度お問い合わせください。一度会ってみたい…、というだけでも大歓迎です。よろしくお願いします。info@kanpou-kawai.com まで。電話でも構いません。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774 名古屋市中村区大秋町3-51

2019.6.3 猫ちゃんにも!牛黄製剤

人の疲れにもよく効く牛黄ですが、最近猫ちゃんのいろいろな症状に牛黄入りの製剤を使ってとても良い結果が出ています。(牛黄とは牛の胆石で約1000頭に1頭の割合でしか見つからないといわれている大変貴重な生薬です。)

牛黄の写真

例えば、喘息の様な咳の発作が和らいだ、原因不明の麻痺で体が動けなくなっていた猫ちゃんが少しずつ自力で動けるようになってきた!、食欲不振で食べられなかった子が食べ物をねだるようになった…等、ほかにもいろいろと良い報告をたくさんいただいています。

牛黄のはたらきとしてはカラダの余分な熱を取り除く消炎作用、循環を良くする作用、疲れを取り去る作用など、様々な効能があります。

これからの季節に多くなる(人の)熱中症にもよく使います。冬はインフルエンザの高熱の時などにも重宝します。

色々試してもなかなか元気にならない…とお困りの猫ちゃん、一度牛黄製剤を試してみませんか?ぜひお気軽にご相談ください。

日向ぼっこ中のナツメ

漢方のかわい薬局 電話052-471-3774 名古屋市中村区大秋町3-51

2018.6.13 新しい子猫

先週の金曜日の事、猫ちゃんのお薬を時々お送りしている茨城県のお客様より立派なタカミメロンをたくさん送って頂きました。とても甘くてすごく美味しかったです‼︎H様、ありがとうございました。その夜にお礼状をポストへ出しに行った帰り道、雨の中子猫の鳴き声がします。探しながら近づいてみると近所のアパートの敷地に子猫が!お母さん猫とはぐれたのか一生懸命鳴いていて、私たちの姿を見ると必死に近づいてきます。狭い柵の隙間からこちらへ来ようとしていますが通れずに手だけを伸ばしてきます。見かねて急いで家に帰り脚立を持ってきて(←はたから見たらただの不審者か泥棒)子猫を柵の上から捕まえました。抵抗もせず、むしろ一緒に連れて行って~という感じに見えました。それがこの子。連れ帰ると子猫を見慣れていない家族一同一瞬で魅了され。子どもに至っては「この子、神じゃん!!!」と興奮しいってもはや手放そうとしませんでした・・・。人が好きなようでどんどんひざによじ乗って来るのです。こうした訳でもう1匹、新しい猫の仲間が加わりました。名前はカリンです。どうぞ小さいうちに会いに来てください。翌日病院に連れて行ったところ、生後2か月半程度の女の子のようです。猫風邪があるようで鼻水を垂らしているのでササヘルスも飲ませています。漢方のかわい薬局

2018.05.23 ネコの膀胱炎に漢方薬

実は猫を飼うまで全然知らなかったのですが、猫には膀胱炎や尿路結石などの排尿トラブルが多いのです。うちの猫も以前、一度尿の出が悪く血尿が出たり痛そうに唸り声をあげたり、トイレ時間の長い割には尿が出ていなかったり・・・ということがありました。

症状が人でいう膀胱炎に近かったので猪苓湯(チョレイトウ)という漢方薬に止血作用のある薬草を合わせたものを数日のませると徐々に尿が出るようになり痛がることもなく血尿もおさまった・・・!ということがありました。(症状によって使う漢方は異なります)

それ以来、膀胱炎や結石の相談を頂く猫ちゃんにもおすすめしています。今日も猫ちゃんの尿路疾患がよくなってきた!とのお礼電話を頂き嬉しくなりました。結構長い間膀胱炎を繰り返している子でも比較的早く漢方薬でよくなることがよくあります。

※まだ尿路疾患は未経験のナツメさん

猫ちゃんのいろいろな症状に漢方薬や薬草を使うことはよくありますが、尿路疾患には特に早く効き目が表れるようです。膀胱炎や結石が長引いていて困っている猫ちゃんはぜひ一度ご相談ください。

猫と漢方のページ

漢方のかわい薬局 名古屋市中村区大秋町3-51 電話052-471-3774