カテゴリー別アーカイブ: 赤ちゃんが欲しい

2017.5.10 思った通りになる!

「私にはなかなか難しい」・・・
「私にはハードルが高くって」・・・

子宝薬局をやっているとこんな言葉を聞く機会が多いです。

「ここさえ改善できれば大丈夫」
「ハードルなんて飛ばなくたってくぐればいいんだよ」

こんな気持ちになってくれたらきっとうまくいくのに・・・。

いや、きっとうまくいくのではなくて必ずうまくいくのです。

年齢を下げる事、性別を変える事、その他もろもろ不可能なことはあります。

でも可能性のある事には絶対的な自信を持ってほしいものです。

可能性とは1%から100%の間をいうのです。
(0%は不可能というのですけど・・・)

可能性があるならあなたはどこに目標を定めますか?

10%ですか?50%ですか?それとも100%ですか?

あなたが今瞬間に考えた確率がそのまま反映されます。

でも大丈夫、流れ星は24時間365日どこかで流れ続けています。
やり直しは何度でもできます!
さあ、うまくいく確率は何%ですか?

 

 

2017.4.21 言霊

言霊・・・発する言葉に魂が宿っている。

よい言葉を使えばよい事が起き
悪い言葉を使えば悪い事が起きる。

あながち迷信だとは言い切れないと思います。

目標を立てる時も、願い事をする時もまずは「言葉」ありきです。

「気分がいい」「楽しい」「うれしい」「幸せ」・・・とっても穏やかな気持ちになります。
「イラつく」「むかつく」「腹立つ」「この野郎」・・・とっても悲しい気持ちになります。

順調な時には自然に良い言葉が出るのに不調な時には自然と悪い言葉が出ます。

書いたことは消しゴム出消せます。
ならば発した言葉も同じように消せばよいのです。

「今まで発した悪い言葉はすべて取り消し!」と宣言すればOKです。

自分が発した言葉は自分が一番身近で聞いている。
自分が行った行為は自分が一番知っている。

そう考えると自分が引き寄せたいもの・・・そのものが「言葉」=「言霊」ですね。

私たち夫婦が不妊治療をしていた時にとても役立ったのが「言霊」でした。
よい事をすればよい事が起き、悪いことをすれば悪いことが起きる訳ではありません。

「そうなる」と思えば「そうなる」のです。
「そうなりたい」と思えば「ずっとそうなりたい」ままです。

だから「赤ちゃんが欲しい!」と思ったらこうしてください・・・

それはたった今から出来ることです。

「お母さん」「お父さん」と呼び合う事です!

 

 

 

 

 

英ウィメンズクリニックでの見学会!  2016.2.14

2月14日・・・バレンタインデー
神戸の三宮へ向かいました。
神戸と言えばやはり阪神大震災と頭が勝手に結びつけてしまいます。
街はほとんど震災を感じなくなっていていました。
風化・・・あまり良いイメージには使われない言葉です。
何を忘れ、何を忘れないかは人それぞれ。
そんなことを感じながら向かったのが英ウィメンズクリニック。
第一線の不妊治療現場を見学してきました。
診察室、治療室、手術室、培養室・・・と普段見ることが出来ない場所を見学できました。
素晴らしい施設と素晴らしいスタッフ・・・これなら安心して紹介できますね。

2016.2.14.2

不妊治療現場は命の最前線・・・。
わが子の誕生を強く望む人たちの神聖なる場所です。
頑張っています!本当に強く感じますし、悪いとは思いません。(当然です!)
でも、その頑張りがストレスを生んでは本末転倒。
心の準備は調いました。体の準備も調いました。
そのために自分に出来る最大限の事はしました。
あとは神様にお任せします。
そうあって欲しいと思います。(この気持ちの人が一番結果を出しています)

心は無限に広がるのに肉体をもった瞬間に自由にならないのが人間。
心が肉体に閉じ込められた瞬間が着床。
心が肉体と和解した瞬間が誕生。
だからこそ心を大切に感じながら、挙児(赤ちゃんをこの手で抱くこと)の手助けとして寄り添っていきたいと思っています。

2016.2.14.1

病院見学研修の後は、神戸の中華街へ出かけました。
ちょうど春節祭・・・賑やかでした。
美味しい中華料理を食べ、新幹線で帰ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

妊娠率・流産率の秘密・・・2015.6.23

妊婦

女性適齢期の妊娠率と出産率の秘密です。

とはいっても、別に隠された情報ではありませんが・・・・

 

週2~3回のSEXで1年以内に妊娠する確率80%(流産率0%)
週1回のSEXで1年以内に妊娠する確率50%(流産率20~30%)
月1回のSEXで1年以内に妊娠する確率20%(流産率80%)

妊娠の不第一歩は体と心のスイッチを入れること。

基礎体温やチェッカーで排卵期を知る事は本当は不必要なことかも知れません。

情報を知りすぎると逆にスイッチが入りにくくなります。

人を愛する心そのものが、スイッチなのですから。
人を思いやり、優しい心を育むだけでOK!

不妊治療で疲れたならば、何もかもすべて忘れ、ただその人を愛する事が大切。

原点に戻ってみましょう。

受精卵のグレード・・・2015.6.5

生殖医療は日進月歩です。

色々な方法で着床率や妊娠率を上げようとしています。

でも最終的には体外受精や顕微授精でできた受精卵を移植するのですが・・・

受精卵

受精卵には初期胚と胚盤胞の2種類があります。

今回のお話しは受精卵のグレードの話。

悲しいかな、受精卵の時からランク付けされるのですね。

三日目までの初期胚にはG1~G4までがあります。

で、G1が最高グレード、G4が最低グレードになります。(移植に使うのはG3まで)

五日目から六日目の胚盤胞にはG6~G1までがあります。

で、G6が最高グレード、G1が最低グレードになります。(移植に使うのはG3まで)

初期胚は数字が小さいほうが良い卵、胚盤胞は数字が大きいほうが良い卵。

ランク付けするのも、確率を上げるためと不要な移植を避けるため致し方ないのです。

小学校では出来が悪かったが、中学校で伸びる子もいます。高校で伸びる子もいます。

この差は個性と考えましょう。

だからグレードにはとらわれずに移植可能な受精卵だというくらいのレベルの話です。

最終的には60兆個の細胞になるわけですが・・・。

この膨大な分割のエネルギーはお母さんが食べた物にかかってきますよ。

もう一度食べる物を見直してみましょう。

 

 

 

子宝に恵まれる!・・・9.9

今日は私の54歳の誕生日です。
と言っても、この年になると誰も祝ってはくれませんが・・・。
でも、せっかくの誕生日なので、命について、そして命の繋がりについて考えてみます。

2014.9.9

今、私の店の仕事で、大きなウェートをしめているのが不妊相談です。
「赤ちゃんを授かる」とか「赤ちゃんに恵まれる」と言います。
「赤ちゃんが出来る」とか「赤ちゃんを作る」だと、なんだか重みを感じません。

そんな時にふと感じる言葉が「恩恵」です。
恩とは因果の心です。
因とは実在している自分自身です。そして脈々の受け継がれた存在です。
多くのご先祖様から脈々と受け継がれ、今ある自分を心して生きるのが恩なのです。

漢方の世界では心は心臓のポンプ作用だけでなく、神明(精神活動)を司る場所と考えます。
神明(精神活動)の究極は悟りです。

全ての食べ物に感謝していますか?
呼吸できる大気に感謝していますか?
今ある自分を受け継いでくれたご先祖様に感謝していますか?
人間一人では生きていけません。周りの人に感謝していますか?

恩が正しく理解でき、行動できれば必ず恵まれます。
恩恵を受けたければ、すべきことはおのずとわかってきます。
形として存在する恩恵かもしれません、形のない恩恵かもしれません。
どちらにせよ、脈々と受け継ぐには、すべてに「感謝」ですね。

そんな事を考えながら、誕生を過ごしたいと思っています。
そうか、誕生日とは親に、そしてご先祖様に感謝をする日なんですね。

 

 

 

元気に過ごせる器の話・・・8.20

2014.8.20

暦の上ではもう秋。
でも、今日もお日柄もよく、日中は36度で熱中症対策は万全ですか。
我が家の朝顔も毎日元気に咲いております。

さて、今日の話題は内分泌攪乱物質についてです。
内分泌攪乱物質は、男性の精子数を減少させます。
内分泌攪乱物質は、生活習慣病の要因になります。

「熱湯を入れて、三分間待つのだよ・・・」
さあ出来上がり・・・ほんとカップ麺って美味しいですよね。
私はなんといっても、カップヌードル派(醤油)です。

でも、美味しい麵やスープと一緒に熱々のビスフェノールAも出てきます。
ビスフェノールAは内分泌攪乱物質です。

あくまでインスタント食品ですから、体に良いとは思いませんが。
塩分、添加物など、てんこ盛り食品なのは重々承知しています。

ということで、食べ過ぎには注意しましょう。

内分泌攪乱物質といえば、ポリカーボネート食器からの溶出が問題視されています。
学校給食の容器はとにかく割れないことが重要。
ということで、メラミン食器やポリプロピレンに替えようといった流れです。

でも、メラミン食器からは発がん物質のホルムアルデヒドが溶出されます。
ポリプロピレンの酸化防止剤も安全とは言えません。

やはり器にも、もう少し意識してみてもよいのかもしれませんね。

一時期、My箸が流行りました。
給食もMy箸、My器持参ってどうでしょうか?

 

 

糖鎖が不妊の改善に・・・7.9

赤ちゃん

糖鎖が不妊の改善に有効。
そもそも聞きなれない糖鎖・・・細胞の周りに、くっついている産毛のようなもの。
人間は60兆個の細胞でできています。(誰が数えたか知りませんが)
その細胞同士の情報伝達の役割が、糖鎖なのです。
簡単に言うと、道標とか標識とか看板みたいなものですね。

お店に行こうとしても看板が無かったら素通りしてしまいます。
ホルモンも同じで、細胞に看板がついていなかったら、それを感受することが出来ません。
精子と卵子もお互いに情報伝達しながら、受精していくのです。
そんな看板を増やすのが糖鎖なのです。

ノーベル物理学賞をとった田中耕一も島津製作所で、糖鎖の研究をしています。
というと、何だか凄いもののような気がしてきませんか。

そしてこの糖鎖はたんぽぽの葉っぱに多く含まれていて、アミノ酸によって細胞に定着するのです。

勿論、糖鎖だけで卵子の若返りや不妊の対処ができるわけではありません。
が、糖鎖を摂ることによって、確実に妊娠率がアップしているのも事実です。

 

 

 

精子力!・・・6.18

睡蓮

梅雨の花と言えば紫陽花ですが、もう一つ睡蓮も雨に良く似合う花です。
梅雨空の元、今日睡蓮の花が「ポン!」と咲きました。
睡蓮鉢の中には生まれたばかりのメダカの赤ちゃんがたくさん泳いでいます。
メダカの赤ちゃんを見ていたら、不意に精子を思い出しました。
ということで、最近のニュースになっている精子に良い食品悪い食品の話です。

女性の卵子の力が半分、男性の精子の力が半分。
それによって、受精卵の力が決まってくることはおわかりだと思います。
その精子にとって悪い食品・・・チーズ!
チーズを常食するヨーロッパの人に精子所見の悪い人が多いとのことです。
はたして本当にチーズは精子に良くない食べ物なのでしょうか。

 

チーズはホルモン活性を高める亜鉛が豊富。
チーズは性欲を亢進させるフェニルアラニンが豊富。
ということで、積極的に摂取するとよい食品にあげられていました。

せっせと、ハンバーガー、ピザ、グラタン、そしてチーズの盛り合わせ。ついでにポリフェノールのたっぷり入った赤ワイン・・・そんな食事が多くありませんか?

ところがどっこい、最近の研究によると・・・

チーズは精子の奇形率が上がる!
チーズは精子の運動率が低下する!
チーズは精子の濃度を低くする!

 

さあ大変!どうしたらいいのでしょうか。

 

ミルクの成分には、女性ホルモンに関する物質が沢山含まれていて、男性ホルモンンの活性を弱めてしまうということが原因何のかもしれませんね。
エストロゲンの60%~80%が乳製品による摂取とのことです。

 

チーズは一般的にナチュラルチーズとプロセスチーズに分かれます。
一般的に私たちが食べているのがプロセスチーズ。(発酵が止まっています)
そのチーズを作る過程での「タンパク固定剤」や「乳化剤」が精子に悪いのではないかという説もあります。

 

とにかくそのような結果が出た以上「積極的にチーズ!」「積極的に乳製品」は控えたほうが無難ですね。
男性も女性も食事はバランスが大切!偏った食生活は何かと危険です。

 

 

 

 

甚目寺観音は子授けに良い・・・6.13

梅雨の晴れ間が広がった、東海地方です。
この時期太陽が覗くと、とっても暑くなりますね。
そんな中、甚目寺観音の手作り朝市に行ってきました。

甚目寺朝市

 

毎月12日に繰り広げられる朝市ですが、ちょっとユニークな市なのです。
手作り感が一杯のお店ばかりです。
無農薬コーヒー、地元の野菜を使ったピザ、手作り石鹸、無添加ドーナツ、キッシュ、Tシャツ、・・・
う~ん、何だかお寺の朝市のイメージが変わりました。

とにかく楽しそうで体にも良さそう。
一昔流行ったロハスってな感じですかね。

こだわりを持った店、・・・そんなお店がどんどん消えていきます。
大量生産、均一、お値打ち・・・私達は本当にそれを望んでいるのでしょうか?
だから、この甚目寺観音の手作り朝市が人気なのです。

こだわる事は本当は豊かな事で、楽しい事なのです。

そんな甚目寺観音は子授けとしても知られています。
お寺に安置されている猿の置物を10日ほど借り、子作りに励むと願いが叶うとのこと。
子宝を望んでいる方は一度、お参りに訪れることをお勧めします。
出来れば毎月12日の、手作り朝一に合わせて訪れることをお勧めします。

体に優しいものは、触れているだけで何だか温かい感じがします。
私のお店、漢方のかわい薬局も温かいお店でいつづけたいと思います。