Category Archives: 漢方の世界・生薬の世界

2019.12.14 インフルエンザをタンポポで予防!

今年は例年よりもインフルエンザの流行が早くなっているそうです。小学校でも少しづつ増えています。年末の人が移動する季節には感染が爆発的に増える可能性があります。

小さいお子様やご高齢の方、妊婦さんは特に心配になります。そんなインフルエンザの予防におススメなのがタンポポ茶のショウキT-1。

ショウキT-1エキスにはウィルスの増殖を抑制する作用が確認されており、インフルエンザなどのウィルス性の病気予防に役立つと考えられます。

日常生活で様々な病原のウィルスとの接触を遮断するのはほぼ不可能ではありますが、体内でそのウィルスが増殖しなければ発症を未然に防ぐことが出来ます。症状も悪化せずにすみます。

タンポポ茶ショウキT-1は麦茶の様な香ばしい味でお子様でも飲みやすく妊娠中の方などにも安全にお飲みいただける健康茶です。粉や錠剤などの漢方薬が苦手な方にもおすすめです。

特にこれからの季節にはインフルエンザだけでなく様々な風邪やノロウィルスの流行期でもあります。ぜひ普段からタンポポ茶を飲んで元気に暖かく冬を乗り切りたいですね!1日1~2包を飲むのがオススメです。

年末は31日午後6時まで営業します。ウィルスを撃退して元気にあたらしい年を迎えましょう。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774 名古屋市中村区大秋町3-51

2019.12.3 不眠のお悩みに…

日々のご相談で多いのが夜眠れない…というもの。ほかのカラダの症状でのご相談でもよく伺うと睡眠薬を服用している、とか眠れるけれど何度も起きてしまう、とか夜中に目が覚めてそれから眠れない…などなど。睡眠に関するお悩みをお持ちの方がとても多いのです。

いつも寝ている猫

眠れない理由は様々。でも大きく分けると、まずは交感神経の緊張が続きリラックス状態にならない。極度の精神疲労や考え事や心配事があり寝付けない…というタイプ。

このタイプの方には何といっても副交感神経を優位にして体をリラックスさせてくれる作用のある田七人参製剤がオススメ。寝る前に頓服的に服用すると朝がすっきり目覚められる方が多いのです。

もう一つは女性に多いタイプで血が不足して結果として体の巡りが悪くなりホルモンバランスも乱れ睡眠の質が低下する、眠れない…という状態。

女性は月経で出血もあり、もともと血が不足がち。また更年期や高齢の女性も消化吸収が落ちたり食が細くなったり、ホルモンのバランスが崩れたり…で血が不足しやすくなります。

このタイプの方には漢方的に血(けつ)を補うなつめ製剤や十全大補湯や四物湯、補血に加えリラックス作用もある酸棗仁湯などが効果的。体に血を補うとホルモンの巡りも良くなり睡眠の質が高まります。このタイプの方は食養生も大切です。

すごい寝相でもぐっすり寝る猫

他にも心配性で眠れない、考えがまとまらなくて眠れない…などストレスを感じがちな方の不眠には動物生薬の麝香や牛黄の配合された製剤が気を補い気分をリラックスさせて睡眠の質を高めます。

これから寒くなると多いのがカラダが冷えて眠れない、手足が冷たくて眠れない…なども。このタイプの方には当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュウユショウキョウトウ)が即効性もありおススメです。

夜何度もトイレに起きてしまい眠れないという方には八味地黄丸(ハチミジオウガン)や牛車腎氣丸(ゴシャジンキガン)も効果的。

一口に不眠といっても人によって症状は様々です。いろいろな状態が複合的に原因となっている方も多いです。睡眠の質を高めることは生活の質を高めること、健康の質を高めることにもつながりますので、ぜひ一度ご相談下さい。

漢方のかわい薬局 電話052-471-3774 名古屋市中村区大秋町3-51

2019.11.20 秋冬の乾燥対策に役立つ漢方!

11月も後半に入り、気温もぐっと下がってきました。お肌の乾燥や手荒れ、のどのカサカサ、頻尿、冷え性…寒くなると気になる症状が出てくる方も。

ご高齢の方はもちろんですが若い方でもこれらの症状で悩んでいる方は多いもの。そんな方には体の潤いを補う「亀板(キバン)」と生命エネルギーや活力を補う「鹿角(ロッカク)」などが配合された製剤がオススメ。1日1~2包をお召し上がりください。

腰痛が気になる、口の中がパサパサする、耳鳴りが気になる、不妊治療中…などはカラダのエネルギーを高めることで気になる症状が楽になることも多いのです。

亀板は豊富にコラーゲンを含み、アンチエイジングや美肌のために飲用されている方も多いんです。お肌がきれいになるということは外からは見えなくても骨や関節、血管にも弾力が付き老化予防にも役立ということ。最近なんだか血が不足がち…と感じる方にも。

体の中からエネルギーを補いこれから来る冬の寒さ対策を今からしておきましょう!詳しくはぜひお気軽にお尋ねください。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774 名古屋市中村区大秋町3-51

2019.11.6 温灸のススメ

11月に入り朝晩めっきり冷え込むようになりました。1日の温度差も大きく体調を崩しやすい時です。

これからの季節におススメなのが自宅で手軽にできるセルフ温灸です。30分間テレビを見ながら、読書しながら、スマホを見ながら…手軽にできるのがうれしいポイントです。

頭痛や耳鳴り、めまいには耳への温灸がオススメ。両耳、各10分ほど、残りの10分は頭のてっぺんの百会のツボや首の後ろ側の大椎のツボへ温灸します。

足はおなかの冷えにはおへその位置のツボ、神けつ(シンケツ)、おへその5センチ下のツボ関元(カンゲン)や左右の股関節の位置の気衝(キショウ)に書く10分の温灸が効果的。

温灸には自律神経を安定させ、生命力を補い、疲労を回復する働きがあります。現代社会では体を冷やす生活や食事が習慣化している人も多くなっています。カラダを冷やすことは万病のもととなります。

温灸で冷えた体を温め、元気に過ごせる体づくりを目指しましょう。温灸器にもぐさをセットし火を点けます。30分ほどで燃え尽きるまで温かさが持続します。長いようでリラックスするとあっという間の時間です。ぜひ毎日のセルフケアに温灸を取り入れてみてください。

婦人科の病気や妊活中の方にもおすすめですよ!

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774 名古屋市中村区大秋町3-51

2019.7.31 熱中症には牛黄剤!

名古屋はつゆがあけたと思ったら、一気に連日の猛暑日。暑さに慣れていない今が一番熱中症の危険が高いのです。

こんなときには絶大な効果を発揮するのが牛黄剤。牛黄には余分な熱を発散させたり、解熱作用がありこもった熱をスムーズに取り去ります。

牛黄牛の胆石の写真
※牛黄とは1000頭に1頭の割合で見つかる牛の胆石。貴重な動物生薬です

特に日本の夏は湿気が多く汗が蒸発しにくくねつがカラダにこもりやすくなります。クーラーの使用はもちろん必須ですが汗をかかない生活も熱中症を招きます。

適度に普段から汗をかけるカラダにしておくことが大切。夏は入浴もシャワーで済ませる方も多いですがぬるめのお湯にしっかり使って汗をじんわりかくようにして汗腺がしっかり働けるようにしておきましょう。

牛黄・人参製剤カプセルレイオウサンの写真
※飲みやすい牛黄・人参のカプセル剤です

室内と外気の温度差も自律神経を乱し、体温調節機能が弱まります。適度な冷房温度でしっかり睡眠をとり、疲れ気味の時は牛黄製剤を早めに服用。

これが猛暑の夏を元気に乗り切るコツです!屋外作業やスポーツ時にはぜひ普段から牛黄剤を持ち歩いておいて少しでもおかしいかも…?とおもったら早めに服用してください。特に子供さんやご年配の方には必携アイテムです。

重症化することなく元気になっていきます。ぜひこの夏、お試しください。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774 名古屋市中村区大秋町3-51

2019.07.22夏こそ入浴のススメ

7月に入り雨も多く蒸し暑い日が続きます。暑くなるとお風呂はシャワーだけ…という方も多くなりますが夏こそしっかりお風呂に浸かりたいもの。

ぬるめのお湯にゆっくりと入り、汗を洗い流すとスッキリ。実は夏はエアコンや冷たい飲み物などで足先や内臓が冷える季節でもあります。すると食欲の低下や温度調節機能の低下でだるくなり、体に不調をきたすことも…。

熱すぎないお湯にゆっくり入ることでじんわりと体が温まり適度に汗をかき、冷えも取れて疲れも解消できます。

でもやっぱりお風呂はめんどくさい…、という方には入浴剤のクマザサバスエッセンスがおすすめ。湯船につかるだけで古くなった角質や毛穴の余分な皮脂を優しく落とす作用があります。

クマザサバスエッセンス400ml(約30回分)…3980円(税抜)

また原材料は植物油脂とクマザサの葉エキスと塩のみ。お肌の敏感な方にも安心して使っていただいています。お風呂上がりのカサカサやかゆみが気にならなくなった!という方も。

短髪の方であれば、クマザサバスエッセンス入りのお湯で頭をさっと流すだけでもにおいなどが気にならなくなります。

着色料や香料は使用していませんので自然な柔らかいお湯を楽しめます。赤ちゃんや小さなお子様の入浴にもおすすめですよ!この夏ぜひお試しください。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774 名古屋市中村区大秋町3-51

2019.5.22 上半身の症状に…牛黄清心元(ゴオウセイシンゲン)

今年は春からずっと気温差の激しい日が続いています。暑くなったかと思えばまた寒くなり、1日でも朝と昼の寒暖差も大きくなっています。

このためか、体に不調を感じる方も多くなっているようです。頭が重い、肩こりがひどい、寝てもすっきりしない、血圧が安定しない、めまいがする、耳鳴りが気になる…など上半身に症状が出ている方が多いです。

こんな季節の変わり目は脳梗塞や脳出血などの脳循環にも不調をきたしやすい時です。疲れをためず血圧変動を安定させて、流れをよくしておくことが大切。

こんなときに助けになるのが牛黄清心元。なんとなく頭がぼーっとする…というときはもちろん、集中したいとき、疲労が取れない、寝不足の時、血圧が不安定な時など様々な症状に役立ちます。

牛黄清心元の写真

金の玉を8分の1~16分の1くらいにカットして服用している方が多いです。季節の不調が気になる方はぜひ一度ご相談下さい。ほかにもいろいろな漢方薬があります。

漢方のかわい薬局 電話052-471-3774 名古屋市中村区大秋町3-51

2019.5.13女性の味方、阿膠(アキョウ)と大棗(ナツメ)

日差しが強くなり、空気も乾燥しているこの季節。過ごしやすいのは良いですが、実はお肌にはかなり負担がかかっています。

真夏よりも油断しがちな紫外線での日焼け、そしてお肌の乾燥感。こんな時はスキンケアももちろん重要ですが、体の中からもお肌を助ける生薬があります。それが豊富にコラーゲンを含む阿膠と血を補うといわれる大棗です。

血を補う大切さ
血を補う大切さ…

普段の食事でもたんぱく質や鉄分、コラーゲンをしっかり摂取することが大切。それを手軽に補う良質の漢方サプリメントもあります。

最近肌のツヤが無い、顔色が良くない、など美肌を目指す方。ぼーっとする、疲れが取れない、よく眠れない…という血が不足しがちな方にも。そんな方はぜひご相談ください。

また産後や妊活中の方にもぜひ取り入れていただきたいものです。きっと体の助けになりますよ!

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774 名古屋市中村区大秋町3-51

2019.4.27 新しい酵素飲料のご紹介

いよいよ大型連休もスタート。天候は少し不安定ですが元気に過ごしたいですね。

漢方のかわい薬局は28、29日は休み。4月30日(火)~5月2日(木)は営業します。3~6日は休みです。ぜひご来店ください。

万寿酵素プレミアム
万寿酵素プレミアム

さて新商品の万寿酵素のご紹介です。酵素飲料って聞いたことがありますか?一般には野菜や果物を発行させた商品が多いのですが万寿酵素は漢方メーカーならではの素材が違います!

体内の酵素は年齢とともに減少していきます。普段の食事でも納豆・漬物・ヨーグルト・味噌などの発酵食品を積極的にとることが効果的。でもたくさんとるのはなかなか難しいものです。

特に免疫力が低下してくる40代以降の方やアレルギー体質の方、代謝の弱い方、冷え性の方などは発酵食品をよりしっかりと摂取することで日々を元気に過ごす助けになります。

万寿酵素はよもぎをはじめとする漢方薬にも使われる野草を中心に果物、海藻、野菜が原料となった酵素にさらに免疫力にかかわるβ―グルカンを豊富に含むキノコ製剤の万寿霊茸エキスをプラス。

健康寿命の維持をしたい方、食生活に不安のある方、冷えの気になる方、腸の働きを整えたい方、美容に良いものをとりたい方、ダイエットに良いものを探している方…などお子様からご高齢の方まで幅広くお飲みいただける健康維持飲料です。

飲み方は簡単。1日1回25mlを水などで薄めて服用します。さわやかな甘みでおいしいんです!  500ml…5800円(税抜き)です。

体重、体型の気になる方は置き換えダイエットにもおすすめです。大型連休中に一度挑戦してみてはいかがですか?詳しくはお問い合わせ下さい。

漢方のかわい薬局 電話052-471-3774 名古屋市中村区大秋町3-51

2019.4.10 粘膜は潤いが大好き!

アンチエージング・美魔女・・・いつまでも若々しくは永遠のテーマですね。

人間は外見でしか若々しさの判断ができません。ほぼこれで健康状態の見当がつくのも事実です。内臓機能が低下しているのに外観が若々しなんてありえません。もう一つ大切なのが粘膜の状態。今回はこの粘膜のお話です。

粘膜と皮膚の差って知っていますか?

人間な体のバリアであることは同じなのですが、粘膜は粘液で覆われていて細菌やウィルス、アレルゲンなどの侵入を防ぐようにできています。目の粘膜・鼻の粘膜・口の粘膜・消化管粘膜・子宮粘膜とにかく粘膜は潤ってなんぼの世界です。

もし潤いが足りず乾燥していると・・・異物が侵入⇒炎症⇒活発な免疫反応⇒活性酸素発生⇒老化といった経過をたどります。

だから「スキンケアより粘膜ケア」が大切なのです。粘膜がきれいだと当然お肌もきれいだということです。もちろん保湿や清潔にすることは大切ですがそれの何十倍も粘膜ケアは重要なのです。

今日からできる粘膜ケア

リラックス

緊張すると口の中がパサパサになることってありますよね。交感神経が興奮状態では全ての分泌液がストップします。もちろん緊張状態でのんびり食事なんてことはありえないので消化液もストップします。とにかくリラックスが大切。リラックスって深い呼吸とリズム(運動)によって手に入れることができます。

食事

粘膜強化は何といってもベータカロティン(ビタミンA)そしてオメガ3(EPA・DHA)そしてムチン質( ねばねば食品)そして皮膚ビタミンのB2・B6・・・そんな心がけも大切ですが何といっても「腹八分目」ですね。

そんなことに気を使いながら粘膜ケアでアンチエージング!

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774 名古屋市中村区大秋町3-51