月別アーカイブ: 2017年12月

2017.12.05 年齢を感じたら・・・更年期の漢方薬

先週のあさイチ(NHK)で男性更年期の特集を見ました。その中でうつ病と似た症状や男性機能の低下、疲労感など様々な症状があると紹介されていました。

更年期と言えば、一般的には女性特有の症状と思われがちですが男性にも症状が現れる方が多いようです。番組で紹介されていた方は柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカリュウコツボレイトウ)という漢方薬の処方と食事や運動に気を付けることでかなり症状がよくなってきたようでした。

このほかにも漢方薬には男女問わず更年期によく効くものが沢山あります。柴胡加竜骨牡蠣湯はどちらかと言えば体力がある方に使う処方です。疲労感や精神的なストレスがあるときや血圧の高めの方、また胸苦しさを感じることがある・・・などの方によく効きます。

反対に体力があまりない、冷えやすい、夜中によくトイレに起きるようになった、口や目が渇くなど体にうるおいが無くなってきた・・・(女性であれば生理不順が起こってきた、出血量が減ってきた・・・など)が気になるような方には八味地黄丸(ハチミジオウガン)がおすすめ。簡単に言うと体のエネルギーを補うような薬で更年期にか限らず妊活中の方や高齢の方の骨折予防、腰痛、お腹に力が入らない・・・など様々な症状によく効きます。

イライラや不安感など精神症状の強い方には牛黄清心元や温胆湯(ウンタントウ)、半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)、松節製剤、田七人参製剤などもおすすめです。

男女ともに更年期にはホルモン補充が有効な時もありますが、中にはホルモン剤の効かない方や合わない方もいます。そんな時には漢方薬という選択もあります。これって病院の何科に行けばいいの?とか病院では異常なしと言われた・・・という症状の時などにはぜひ一度ご相談ください。

もちろん番組でも紹介されていましたが日頃の食事や運動習慣もとても有効です。日々の暮らしの見直しも大事な治療のひとつですね。 昨日、この冬最初のネコ団子ができました^_^

2017.12.02 最後の紅葉

11月30日に東海地方の紅葉の名所、香嵐渓(コウランケイ)に行ってきました。さすがにもみじ祭りの最終日ということもあり、人出も渋滞も一段落していてっくり散策することが出来ました。

毎年、豊田市の蓬莱泉(ほうらいせん)という酒蔵で空(くう)というお酒を頼んでいます。というか10年以上前に一度わざわざ酒蔵まで出向いて予約したところ、それ以来ずっと継続していて毎年この季節に酒蔵まで取り行くのが恒例となってしまいました。取りに行くと「来年も継続でよろしいですか?」と聞かれるので、つい「はい!」と言ってしまうのです。ついでに量り売りの生酒まで必ず買ってしまいます。

その蓬莱泉に行く途中に香嵐渓があるのです。お酒を取りに行く時期になるともう紅葉か・・・、年末か・・・という気になります。年々1年が過ぎるのが早く感じるようになりました。昔、母やおばたちが「年を取ると月日が経つのが早く感じるようになるもんだ・・・」といっていたのをつくづく実感します。

もう12月になりました。年末hは30日(土)まで通常営業します。風邪も流行っていますし、12月は寒くなるようです。冷えや風邪薬のご相談も承っています。あ、あとこの季節の二日酔いの回復を助けたり、肝臓をいたわる漢方などもいろいろあります。ぜひご相談くださいね。