月別アーカイブ: 2018年7月

2018年⒎17 夏バテには牛黄!

7月14日〜16日迄の3連休。

小学5年生の長男にとっては、プレ夏休みです。

三日間何をしたかといえば、野球のクラブチームでの練習。

朝9時から夕方の5時まで炎天下で野球漬け。

もちろんしっかり給水をし、時間を決めて休憩をとりながら・・・

「不要不急の外出は控えるように」と言われているのに大丈夫かな?

さすがに今日の朝はしんどそう。

そこで学校に行く前に朝風呂に入り、霊黄参を1カプセル服用。

20分ほどするといつも通り元気が出てきたようです。

真っ黒に日焼けした長男がなんだか頼もしく感じられます。

霊黄参とはいったい何?

牛黄と人参の入ったお薬です。

牛黄はカラダに不要な熱を冷ましてくれます。(冷やすのではないありません)

体が火照った時には抜群に効きます。

軽い熱中症にも効きます。

とにかく牛黄は夏の疲れにはとってもよいお薬です。

そんな牛黄ですが、値段がべらぼうに高くなっています。

キロ8000円を超えています。(ということは金より高い!)

当然投資の対象になっています。

安定供給さえおぼつかなくなっています。

必要な人に必要な量でしっかり効かせたいお薬・・・それが牛黄です。

連日の猛将を乗り切るには、睡眠も大切ですね。

寝室にエアコンの無い我が家ですから、いかに涼しく眠るかが大切。

そこでお風呂にハッカ油を入れています。

スースーして快適?とまではいきませんが、なんとか眠れます。

やっぱり最後はなんといっても食事。

しっかり食べる。

冷たい物をとり過ぎないようにして胃腸は整えておきましょう。

今日の昼は、ちょっとスパイスを効かして夏野菜をタップリ食べました。

ズッキーニとアスパラとトマトをたっぷり。

もちろんニンニクもたっぷり、味付けはヨーグルトとカレー粉。

お肉がなかったので竹輪。(リースナブルで美味しかったです!)

漢方のかわいい薬局

052-471-3774

名古屋市中村区大秋町3-51

2018.7.11 旗を立てました!

梅雨明けしたら灼熱地獄。

毎日体温に迫る気温をたたき出しています。

今日は35度で明日は37度の予想。

普段から人通りの少ない店の前ですが、さらに人が通りません。

ていうか、こんな日に外出してはいけません。

当店にご来店される方は午前中か夕方にお越し下さい。

夜は8時まで営業しています。

遅くなるようでしたらお電話いただければ8時以降でもOK

とってもわかりにくいお店なので、旗を立てました。

風にたなびく旗を見ていると少し涼しげですね。

漢方のかわい薬局 052-471-3774

名古屋市中村区大秋町3-51

2018.7.9 やっぱり、家ごはん!

名古屋も梅雨が明けました。昨日までは梅雨末期の大雨でしたね。特に西日本から岐阜にかけては、甚大な被害が出てしまいました。一日も早く復興することを願っています。

幸い名古屋では大きな被害も無く、勿論水道もガスも通っています。料理できる幸せを噛み締めながら昼食を作りました。メニューは、アサリうどんとイカキムチ納豆。アサリの出汁が出て、とっても美味。アサリと相性のいいタケノコとワカメをトッピングして入れました。腸に良さそうだから、キムチと納豆のダブル発酵食品。プラス大好きなイカ。全体的に少し塩分が多目かな?でも夏だし、ジョギングやジムで汗もかくから大丈夫。なんたって、うどんの汁に使っている塩は当店で推売してる「三年熟成干潟天日塩」ですから。ミネラルをたっぷり含んだお日様の熱だけで精製した塩ですから。健康には、食事も大切です。これから、ちょくちょく作ったものをアップしていきます。そうすると、体のことを考えてメニューを考えるから一石二鳥ですね。「食事がイマイチかな」と思ったらインスタに載せるのもいいかも?

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

名古屋市中村区大秋町3-51

2017.7.3 四十・五十肩には漢方薬!

6月の半ば梅雨の湿気のせいか、子どもに付き合ってやったバットの素振りのせいかわかりませんが朝起きるとひどい肩こりと首の痛み。最初は寝違えたな・・・?とあまり気にしていませんでしたが、数日たっても首はまわしにくく腕も痛くて上がらず、体が動き出す日中は少しましになるものの翌朝起きるとまた痛む・・・が1週間も続き、ようやくもしかしてこれが五十肩!?と気づきました。痛みに良いと言われる田七人参製剤を飲んでみたり清心元をのんでみたりしてもそれだけではどうもイマイチ・・・。※新聞の上で寝る子猫のカリン。もうすぐウチに来て1カ月。それならばとさらに漢方薬の葛根湯と血流を良くするものを合わせたもの作りを飲んでみるとぐっと楽になってきました。そして1週間ほど服用しようやく元に戻りました。ずっとこのままだったらどうしよう・・・!?と思っていたので治ってホッとしました。肩こりに使う漢方薬は体質や原因に応じて人それぞれですが、肩こりが続きお困りの時はぜひ漢方薬をお試しください。四十、五十、六十肩だから・・・と諦める必要はありません。さらに田七人参や清心元を併用するのが効果的です。気づけば自分も四捨五入をすると50歳。元気なつもりでもいつのまにか体も年相応に変化しているのかもしれません。昔は解らなかったことが今になって色々わかってきました。これから年を取るともっといろいろなことに気付けるようになるかもしれません。そう思うと年を取ることも全然悪くないなと思います。名古屋市中村区大秋町3-51 電話052-471-3774漢方のかわい薬局