血も経済も流れて欲しい R2・5・22

今日も良い天気。

中一の息子も28日から登校開始です。

長い休みの間に何かを感じてくれたら良しとしよう。

中学の社会の教科書に日本国憲法が出てくる。

その中に守らなければいけない三つの義務がある。

それは、教育・納税・勤労の義務。

自粛という名のもとに教育と勤労が奪われた。

今社会を動かしている人達が経済で苦しむ。

未来を動かす子供たちの教育に遅れを生じる。

ならば自粛のもとに「納税」もしなくていい。

と言いたいところだがそれは無理な話。

せめて「消費税」だけでも自粛の名のもとに考えて欲しい。

自粛的な消費税にすれば「とってもいいし」「とらなくてもいい」

人や物が流れ出すまで消費税を自粛すれば良い。

強制でないので憲法を変える必要もない。

ある時期を見て消費税の自粛を解除すれば良い。

三つの義務のうち二つを自粛するだけでは片手落ちだ。

なと思うのは私だけだろうか?

隣の芝生は青いほうがいい。枯れてるよりずっといい。(どっかで聞いたフレーズがふと頭をよぎった)

ギズギスしないのが心の健康の基本

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774