2019.3.23 シデコブシ

駐車場のシデコブシの花が咲きだしました。日陰なので花数は少なめですが、毎年桜の少し前から咲き始めピンク色がとても華やか。

コブシのつぼみは辛夷(シンイ)といって漢方処方にも使われる生薬です。この季節に気になる花粉症の鼻詰まりや肺の微熱を取る作用があり、辛夷の入った辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)は蓄膿症などにも効果があります。

このシデコブシのつぼみや花はヒヨドリの大好物なのか、花の咲き始める少し前から満開直前を狙って花びらがことごとく食べられてしまいます。

そのため、鳥の止まりやすい枝先の花はほぼ食い尽くされています…(泣)

漢方薬に使われるくらいの植物なのでヒヨドリにも何か良い効能があるのかもしれません。ただ味は少し辛みのあるものなはずですが…。

花粉症は鼻水だけでなく、鼻詰まりが長引くと蓄膿症のきっかけになることもあります。鼻づまりでお困りの方もぜひご相談くださいね。

漢方のかわい薬局 052-471-3774

2019.3.9 漢方で花粉症対策できます!

今年はやはり花粉が多いのか先週あたりから、花粉症のお薬と黄珠目薬をお求めになられる方が急増しています。

↑は東山公園の河津桜

一口に花粉症の漢方薬といっても症状は人それぞれなので症状に合わせてお作りしています。漢方薬の良いところは眠くならない、口が渇かない、胃にも優しい、意外にも即効性もある…などいろいろあります。

1日分は3包(400円)ですが1日に1包で充分効くという方もいれば、ひどい時には3回服用するという方もいます。いずれにしても体を温めて余分な水分を取り除くようにする薬がメインなので温かいお湯で服用するとさらに効き目がアップします。

花粉症のひどい方はこの時期は甘いものを少し控えたり、食べる量そのものを少し控えると炎症しにくくなります。あと1か月弱ですが、花粉症でお困りの方はぜひ漢方薬もお試しください。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

2019.2.22花粉症の季節到来!

2月も半ばを過ぎ、天気予報でも花粉量の予報が出るようになりました。花粉症の漢方薬をお求めになられる方もちらほら出てきています。

今回は目のかゆみ、充血によく効く目薬をご紹介!生薬由来成分配合の新・黄珠(おうじゅ)目薬です。優しい差し心地で、目にしみにくくかゆみが落ち着きます。一度かき出すとますますかゆくなるのが花粉症の目の症状。

そんな時にこする前に黄珠目薬を差すとかゆみが落ち着くのでひどくなりません。これからの季節ぜひお試しを。充血の気になる方にもおすすめです。

目のかゆみには目薬とともに漢方薬の内服を併用するのがさらに効果的です。

ぜひご相談下さい!

2019.02.02 肌・骨・関節に…!コラーゲントリペプチド

昨年末から取り扱いを始めたコラーゲントリペプチド。コラーゲンとは体を構成する重要なタンパク質。コラーゲントリペプチドは酵素の働きでコラーゲンを非常に小さい分子構造の状態に分解してあります。そのため吸収がよく、効率よくコラーゲンを体内に取り込めます。

ドラッグストアなどにもコラーゲン商品は多くありますが、トリペプチドとなっているのが大きな違いです。

 

コラーゲンといえばまず思い浮かべるのは美肌効果ですが実はそれだけではありません。年齢や運動によって傷ついた骨や関節の修復を助けたり、抜け毛や薄毛、爪が弱い、肌が弱い…などもコラーゲンの素早い補給でぐんとよくなる可能性があります。

普段の食事だけではなかなかしっかりとり切れていないタンパク質、コラーゲン。

簡単に液体に溶かして飲むことができ、味もないので普段のコーヒーやお茶、みそ汁などにさっと混ぜて取り込めます。ぜひ毎日の食生活の一部にコラーゲントリペプチドを取り入れてみてください。

実際に飲み始めてから、1か月もしないうちにお肌の保水力がぐっと上がったのは実感できています。

美容目的の方はもちろん、食の細くなってきたご高齢の方にも体の元気のためにもぜひとっていただきたいなぁ~と強く思っています。

100g・・・5400円(約25日分です)

漢方のかわい薬局 052-471-3774

2019・1・5 年のはじめに

新しい年が始まり今日から仕事始めです。

ブログで書いていることは自分への戒めでもあります。

ただ、この記事を読んで少しでも「元気」と「やる気」を出してもらえたら幸いです。そんなスタンスで今年も一年書き綴っていきたいと思います。

さて今年は天気のいい正月でした。

神社はどこも多くの参拝者で賑わっていたようです。

私は毎年ニューイヤー駅伝、箱根駅伝の合間にご飯を食べて、初詣に行くのが恒例になっています。

私がどこに初詣に行こうと関心はないと思うのであえて書きません。(写真だけ載せておきます)

初詣に行って神様にお祈りしたいことも無いので手を合わせて3秒で終わります。あえて言うなら神様に「宣言」をしています。「◯◯します!」と。それと今までの感謝です。「こうして欲しい」「こうなりたい」というのは無い物ねだりのようで私にはピンときません。イメージできることは神様にお願いしなくても叶います。と自分に言い聞かせています。

正月休み最後の日にはパワースポットに行ってきました。私にとってのパワースポットの一つである「USJ」です。天気のいいこともあり無茶込みでした。人が思いっきり楽しもうとしている場所こそがパワースポットです。ここで一日中遊んでいると全てのことがうまく行く気がするのです。

そんな感じで1年の充電をしました。

少し食べ過ぎて飲みすぎの感がある正月休み。今日から少し節制しなければいけません。それが「メリハリ」です。

と言うことで少し断酒。

そして冷えた体をいたわる「甘酒」を作って飲んでみました。

これは蓬莱仙で買った酒粕と黒砂糖そして生姜をたっぷり絞りさらにさらにスーパーフードのチアシードが入っています。

今年も体に悪いことを時々しながら体のために猛烈に思いやっていきます。いわゆる「飴と鞭大作戦」です。

 

楽しく元気に生きるカラダとココロの応援薬局

漢方のかわい薬局

名古屋市中村区大秋町3ー51

電話052-471-3774

髪が生える? 2018・12・4

髪は血余(けつよ)なり。

髪は腎の華(はな)。

東洋医学では血虚(けっきょ)と腎虚(じんきょ)の改善が薄毛や抜け毛に必要なことだと考えます。血液の量だけでなく巡りが悪いことも血虚。さらに体の中の老廃物の排泄が悪いのも血虚と言います。腎虚とは生命エネルギーの低下を言います。

赤ちゃんを産んだ後に脱毛が激しくなるのはまさに血が少なくなった状態、血虚ですね。

老化とともに髪のコシがなくなったり、薄毛になるのは腎虚です。

漢方相談をしていて補血、補腎をしていると髪の艶が出てきたり、抜け髪や白髪が改善することがよくあります。

栄養学的に薄毛対策を見てみるとちょっと違った見方もあるようです。

髪の成分は95%はタンパク質で出来ています。髪の毛を作るには良質なタンパク質が絶対条件です。(血流が良くバイタリティにとんだ腎虚とは無縁の人も髪の薄い人がいます)

吸収の良いタンパク質を食事に取り入れ、脂ギトギトの食事を少し控えてもらうと何と髪が生えてくるのです。それも腰の強い立派な髪が!

髪を生やすにはタンパク質が必要だ!それも良質で吸収の良いタンパク質が・・・

そう思ったのもお肌プルプルになるために飲みだした奥さんのコラーゲンをお父さんが一緒に飲みだしたら・・・生えるは、生えるは。(ビックリです)

それじゃということです私も今日からコラーゲン!

早速今日の昼ごはんにもコラーゲン!

椎茸となめ茸とワカメのうどんの中にドバッとコラーゲン!

まずは一ヶ月続けてみます。そして髪の様子を観察してみます。薄毛では無いけど髪のコシがなくなってきているのでしっかりした髪が生えてくるとうれしいです。

使っているのは11月に新しく発売したコラーゲントリペプチド。

コラーゲンを酵素分解して極限まで小さくし吸収をよくしたものです。

うどんの汁をはじめコーヒーやお水に入れても大丈夫。

食事の一環として使えますよ!

コラーゲンはタンパク質の材料だから髪だけでなくお肌や腱をはじめ血管も丈夫にしてくれるんじゃないかと思います。

楽しく元気に生きるカラダとココロの応援薬局

漢方のかわい薬局

名古屋市中村区大秋町3-51

電話 052-471-3774

秋の深まりを感じに…2018・11・25r

天候に恵まれた三連休。紅葉も里に下りてきました。

観光地はどこもごった返しています。もちろん道路も混み混み。

2時から漢方の勉強会に出席するまでの時間で秋を感じに出かけました。

まず向かったのが栄のセントラルパーク。

朝の木漏れ日が奥行きのある街路樹に当たってとっても絵になる風景です。

次に向かったのが徳川園。(庭園が素晴らしく名古屋を代表する観光地の一つです)紅葉の時期にはちょっとだけ早すぎました。12月になってからが見頃をむかえるはずです。(夜のライトアップも綺麗だろ思います)入園料が300円かかります。

30分ほどゆっくり庭を楽しんだ後は鶴舞公園に向かいます。

なんだか消防のヘリが低空飛行をしていてやかましい。空気が乾燥していて火事かな?そんなことを考えながら向かったのですが、理由がわかりました。消防団の大会のようです。

一斉放水は迫力がありました。この時期乾燥が激しく毎日のように火事のニュースが飛び込んできます。火を消すよりも火を出さないのが一番いいのですが。

最後に向かったのはこれまた名古屋の定番の熱田神宮。七五三やら結婚式の前撮りやらでごった返しています。当然駐車場に入るのに車がズラリ。境内の宮きしめんを食べようと思ったのですが、ここも人がズラリ。時間も押し迫っているので諦めました。

勉強会に間に合うように、ちょっと急いで家に帰らなければいけません。昼ごはんも駆け込むように食べて1時半に自宅に到着。シャワーを浴びて急いで出かけました。何とか間に合ってよかった。。

名古屋は魅力の無い街だと言われますが、ちっともそんなことはありまでん。季節を感じることも、食文化もどこにもひけをとらない街だと思います。3時間で23キロのんびり走った充実感のあるお出かけができました。使ったお金も1000円とリースナブルですしね。

2018.10.28 明治神宮

ササヘルス50周年全国大会で、東京に来ています。講演は昼からからなので、朝一で明治神宮に行って来ました。

何度も東京に来ているのですが、ここは初めて。想像してたより壮大な森でした。

神社に来ていつも感じることは、人間のちっぽけさ、そして、自分のちっぽけさです。

そしていつの日か、祈らなくなりました。何故って、それは全ての事に満足しているからです。

何も無くても、全て有るからです。ただ所有していないだけです。

触る事ができないだけで、そこに必ず存在しています。そこで今日は匂いの勉強でした。匂いは見ることも聞くこともできません。五味クリニックの先生の話とても面白かった。

明治神宮の森を歩いていたら、自分の波動が動き出しました。

2018・10・17 セルフケア

様々な薬、内視鏡を使った手術、検査装置・・・医学は日に日に進歩しています。

でも、人間に備わっている力には到底及びません。

涙以上の目薬を作る事は出来ません。

胃酸以上の消化剤を作る事は出来ません。

絆創膏は出来てもカサブタを作る事は出来ません。

人間に備わっている自然治癒を高めることが一番大切な事なのに、病気になったらお医者さんに頼ろうとします。重病であればあるほど自分の命を他人に預けます。自分の体は自分のものです。養生した上での病院であり、お薬であるのに自分でできることをあたかも放棄しているような人が多くいます。

人間の重要な臓器は・・・

肝臓・心臓・胃・肺・腎臓があります。(それ以外にも膵臓や胆嚢などもありますが)

その中で自分の意思でケア出来る臓器はどれでしょうか?

おわかりの通りまずは「肺」ですね。深い呼吸、浅い呼吸、早い呼吸、ゆっくりした呼吸・・・自分の思い通りの呼吸が出来ます。

もうひとつは「胃」です。何を食べるか、どれだけ食べるか、それとも食べずに胃を休ませるか思いのまま調整ができます。

いつもそのお話をお客様にします。(呼吸の仕方、食べかた)それだけで今の状態よりワンランク上の体を手に入れることができます。

それ以外の臓器は自分の意思ではどうしようもないですね?

本当にそうでしょうか?

いやいや自分の意思で機能を高めることができます。

それは「あたためること」

入浴、運動、マッサージ色々ありますが、今回紹介するのが温灸。

特に全身のツボが集中している耳の温灸をオススメしています。

「全身が温まる」「ぐっすり眠れる」「気持ちが落ち着く」そんな声を聞きます。

耳を温めるって本当に気持ちいいのです。

自分の体をいたわるのが「養生」の本質なのです。

養生とは、死ぬまでコツコツ続ける事をいうのです。

あなたにあった養生法を一緒に考えるのが漢方のかわい薬局の仕事だと思っています。

誰も代わりに食事をしてくれません。

誰も代わりに呼吸をしてくれません。

誰も代わりに養生をしてくれませんよ!

漢方のかわい薬局

名古屋市中村区大秋町3-51

電話 052-471-3774

毎日温灸体験会をしています。今日も3人体験に来て喜んでいました。

ココロとカラダを強くし自然治癒力を高めることを目指します。

2018・10・16 デトックス

デトックスって何?

カラダの中の汚れを外に出す事をいいます。では汚れはどうやってカラダの中に溜まるのという事ですが、二つの経路が考えられます。

ひとつは口から入ってくる。(食品添加物・農薬・ダイオキシンなど)

もうひとつはカラダの中で発生する。(代謝産物・炎症性物質・活性酸素・二酸化炭素など)

それをカラダに溜めておくと、アレルギー、血管障害、ガンなどの原因となります。

ところで、人間のデトックス経路は4つあります。

一つは腸からの排泄つまり大便。そのために腸内細菌を整えることと、リズミカルな腸の蠕動運動をさせる事です。腸の血流をよくし腸内細菌叢を整えることが重要。発酵食品がその役割を担います。そこで閃くのがヨーグルト。実際乳酸菌が腸に効きそうな気がしますが、腸を温めるという点ではどうでしょうか。やっぱり味噌や醤油、納豆、キムチ、漬物などが日本人の腸には良さそうですね。それと腸のマッサージや温灸(天枢 臍から指3本分外側)なども腸の働きをよくします。

次に腎臓からの排泄つまり尿です。腎は冷やすと働きが低下します。もうひとつ恐ると働きが低下します。冷たいもののとりすぎや足を冷やすと腎の働きがどんどん低下します。腹巻や靴下の重ねばきで冷えを改善しておく必要があります。

三つ目は呼吸として肺から二酸化炭素を外にだします。それと同時に酸素をカラダの中に取り込みます。深い呼吸(腹式呼吸)がとっても大切です。それを邪魔するのが、満腹状態と悪い姿勢です。背筋を伸ばして肩甲骨をしっかり開くことを意識しましょう。

最後に皮膚から汗と一緒に排泄される有害ミネラル(水銀やカドミウム)があります。汗をかけば汗腺が強くなります。運動や入浴(半身浴)を心がけることが大切です。

そして何よりも体に有害となるものを出来るだけいれない工夫をしてくださいね。

続きを読む