リラックス R・3・4・12

同じ姿勢でいると筋肉が固まる。

考え方に固執すると心が固まる。

雲の様に漂い水の様に流れる。

そう、雲水の生き方が理想。

つまり自由人が理想。

年齢を重ねるにつれて生き方を変える。

規則、約束を守ったうえで自由に生きる。

道徳に反しない範囲で自由に生きる。

健康に過ごす秘訣はコレが一番。

穏やかに体を動かす。

穏やかに食事をする。

いつも「穏やかに」と唱えながら生きる。

いつも「自由に」と唱えながら生きる。

こう書くと弛緩して生きていく様に見える。

でも違う。

自律神経と同じで緊張と弛緩のリズムが重要。

力を入れて脱力する。

頑張った後にリラックスする。

力を入れる時も頑張る時も楽しく対応する事が重要。

力を入れた後脱力すると筋肉が喜ぶ。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

生老病死 R3・4・10

4月2日に家内の父が亡くなった。

これで私も家内も共に両親がいなくなった。

という事で墓はどうする?

四人まとめて一挙に。

信心深い訳ではないのであまり深く考えない。

でも両親に対する感謝の気持ちだけは忘れない様にしたい。

形なんてどうだっていい。

ようは心の置き所ひとつ。

健康と富は誰もが願う。

病死と貧困は誰もが忌み嫌う。

俗に生きるとはその感情とどう対処するかだ。

「健やかなる時も病める時も」・・・両極端が直線上にある。

富と貧困だって直線上にある。

直線上を走って得るものを「成長」という。

生きる意味もあるし死ぬ意味もある。

富める時も貧する時も意味がある。

その時点でどう考えるか。

日々の心のあり様が生きるという事そのもの。

この頃怖いものが少しずつ無くなってきた。

進んでもいいし逃げてもいい。

高村光太郎ではないが「私の後に道は出来る」

そして一番大切なことは・・・

貧富の差、性差、すべてにおいて差別しない事。

全ての人と同じ様に接するのが楽な生き方。

漢方のかわい薬局電話052-471-3774

腸活  R3・4・7

私が腸活で飲んでいるのがコレ。

腸内を綺麗にすれば免疫力が上がる。

腸内を綺麗にすれば気分爽快。

腸内を綺麗にすればお肌絶好調。

腸内を綺麗にするって?

ヨーグルト?

逆に腸が汚れるのって?

一番はストレス。

次に体を冷やす事。

野菜不足。

何をすればいいのかおのずと解ってくる。

ココロとカラダのバランスを考える。

いつも買わない野菜を買ってみる。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

どんな食事をしていますか? R3・4・6

第四波到来!

新年度もコロナに振り回されるの?

コロナの変異ウィルスが・・・

コロナのワクチン接種が・・・

コロナウィルスの飛沫を防ぐために・・・

コロナ、コロナ、コロナ・・・

あくまでも主体は「私」なのに何故「コロナ」が主語になるの?

私がどうするか?が重要ではないの。

免疫力をつける。

そのためにどうする?

コレが重要なのに話題にすらならない。

ワクチンをうたなくてもすぐに死にはしない。

そもそも感染しなければ死にはしない。

感染しても発症しなけれな死にはしない。

でも人は食べなければ死ぬ。

医食同源。

薬食同源。

食べる事が重要なのに。

生活習慣を見直すのが先なのに。

逃げて逃げて逃げまくる。

もう少し自分を中心に考えようよ。

ワクチンの順番確保のために電話をするのもいいけど・・・

免疫力を高める食事の事を考えようよ。

いい機会だから。

昔は宮廷医のうち食医が一番とされていた。当然ですよね!

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

桜吹雪 R3・4・2

4月新年度が始まった。

スーツを着た新社会人の姿を街で見かける。

まだまだ様になっていない所が初々しい。

私もスーツは普段着ない。

冠婚葬祭でスーツを着る機会が何年かに一度ある。

鏡に映った自分の姿に「似合ってないな〜」と語りかける。

新社会人、新入学生を祝福する様に桜が舞い散っている。

散り際が美しいのが桜。

色々な事情の人が色々な人生を歩む。

人生何が素晴らしいかの基準なんて無い。

打ち込んでいる姿は誰であれ素晴らしい。

人生には良い時も悪い時もある。

でも後から考えるとたいした波ではない。

死ぬまでやりたい事をやればいい。

死ぬまでその一歩を踏み出せばいい。

そしてハラハラと人生を終わっていけばいい。

死んでまで持っていけるものは無い。

人を測る基準は名声でも名誉でも財産でもない。

新年度、気分良くスタートだ。

桜は散り際の美しさを教えてくれる。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

日焼けは嫌! R3・3・31

気温が20度を超えて来ました。

気になるのが日焼け。

紫外線から皮膚を防御するのにメラニンを作るのだ。

だからメラニン様様なのだが・・・

見た目が気になる。

紫外線にはA波B波C波がある。

A波は波長が長く皮膚の深い所まで到達する。

B波は波長が短く皮膚の浅い所に。

C波はオゾン層に吸収されそもそも到達しない。

深い位置の紫外線はシワの原因。

浅い位置での紫外線は日焼けその後のシミの原因。

どちらも避けたいもの。

しっかり日焼け対策をしないといけません。

さらにマスクをして日焼けでもしようものなら。

笑っちゃう様な日焼け跡が出来上がります。

そこで当店のオススメしている日焼けドメがコレ!

UVプロテクトジェル。

SPF50 PA+++

お客様の声は・・・

「伸びがいいね」

「塗った感覚がとっても軽い」

「結構効き目が長く続く」

信じてもらえないだろうから・・・

まずはサンプルを使ってみてくださいね

しっかり日焼け対策をしてお日様に当たろう。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

PM2.5 R3・3・29

昨日は春の嵐。

打って変わって今日は気温が25度。

夏日じゃん。

桜はまだまだ綺麗です。

空が霞んでいます。

春霞?

どうやらPM2.5。

スギ花粉の10分のI以下。

コロナのエアロゾルに近いお大きさ。

人間は小さな物に対応する事が苦手。

だからこんな時には外出を控える方がいい。

呼吸器や肺に障害を起こしてしまいます。

小さいと異物としての反応がうまく出来ないのかも。

漢方では衛気の力を高める事を推奨しています。

衛表強個。

そんな時に使う漢方が「玉屏風散」

いかにも効きそうな名前でしょ。

でもPM2.5に対抗できる力は少し足りない。

やっぱり外出は避けた方が無難ですね。

昔にはPM2.5なんて無かっただろうから。

気温が一気に上がって来ます。冷たいもののガブ飲みに注意。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

ノーシーボ効果 R3・3・27

プラセーボ効果は聞いた事があると思う。

心理的に効くと思い込ませる効果。

「痛いの痛いの飛んでいけ〜」

あら不思議、痛みが波が引くように消えていく。

コレがプラセーボ効果。

その反対がとっても怖いのです。

そな名をノーシーボ効果。

不安を心に焼き付けるとその通りになるというもの。

「顔色凄く悪いね、大丈夫?」

そんな事を何人にも連続して言われたら・・・

本当に病気になってしまうのです。

人間は本来怖がりだと思う。

特に漠然としたものに対しては特に恐怖感を感じる。

医学書を読み漁っている人がいます。

全ての病気の症状が自分に当てはまる。

そして「私もうダメ!」となるのです。

自分で自分を追い込む?

いえ、違います。

追い込んだのは外からの情報。

自分の思考は全く閉ざされたままです。

太った人はコロナに感染すると重症化する。

高齢者はコロナに感染すると重症化する。

テレビ、ラジオ、新聞で何万回と流しています。

大丈夫でしょうか?

言葉で人を傷つける事も殺す事もできるのです。

もうすぐ4月、新年度スタート。

新しいい生活様式に慣れるだけでなく、構築していかなければ。

その時の思考はプラセボー的であって欲しい。

出来なくなった事を嘆かず出来る事を見つける。

漢方のかわい薬局電話052-471-3774

膵炎? R3・3・24

お店にモンステラがやって来た。

家内がどうしても買いたかったという観葉植物。

これは葉に穴が空いたり割れたりするのが特徴。

ところで膵臓ってどんな臓器か知っていますか?

胃の裏側にある小さな臓器です。

1日の食事で膵液が500ml程出ます。(十二指腸に)

びっくりする量ですね。

それだけ出さないと胃の中の酸性を中和出来ないのです。

その消化酵素液が暴走したのが急性膵炎。

それを繰り返し膵臓が働くなったのを慢性膵炎。

症状としては鳩尾や背中の痛み。

多くの原因はお酒の飲み過ぎ。

この頃、飲酒した日の夜に鳩尾に嫌な痛みが出る私。

「ちょっとマズイ!」

アルコールの量が50gを超えると危険らしい。

「絶対超えてる!」

濃いお酒は特に危険らしい。

「ウィスキーや焼酎が好き、それもロックで!」

還暦を過ぎたのでお酒の飲み方も注意しなければいけない。

慢性膵炎になると急激に痩せてくるという。

この頃急激に太ってきたので慢性膵炎にはなっていないようだ。

アルコールが「グラム」表示に変わるらしい。

1日に20gまでが適正。

大人の飲み方を覚えないといけない。

ウィスキーをほんの少しだけロックで・・・

チェーサーをしっかり摂りながら。

こんな飲み方ならば大丈夫だろうか?

お水を飲みながらお酒を飲むのがいい。勿論適量で!

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

春の空気 R3・3・22

桜の開花が名古屋でも始まった。

今年は花の成長が早いように思う。

店の駐車場の寄せ植えも花盛り。

春到来ですね。

密集を避け外に出掛けましょう。

静かに外の景色を楽しむ事は健康的な事。

胸いっぱいに外気を吸い込んでください。

細胞は酸素を欲しています。

私たちの呼吸はえてして浅い。

機能の三分の一程しか使っていません。

時々呼吸を意識してみましょう。

歩きながら大きく息を吐いたり吸ったり。

それを意識していると姿勢が良くなります。

スマホを見ながら下向いて歩けば浅い呼吸しか出来ません。

それより何より見た目が悪い。

朝からそんな姿勢じゃ幸せが逃げていってしまう。

「人は見た目じゃない」とは言うが・・・

行動や意識が見た目に反映されるのです。

春は出来るだけ体を動かし、しっかり睡眠をとろう。

漢方のかわい薬局電話052-471-3774