Category Archives: 心のつぶやき

リラックス R・3・4・12

同じ姿勢でいると筋肉が固まる。

考え方に固執すると心が固まる。

雲の様に漂い水の様に流れる。

そう、雲水の生き方が理想。

つまり自由人が理想。

年齢を重ねるにつれて生き方を変える。

規則、約束を守ったうえで自由に生きる。

道徳に反しない範囲で自由に生きる。

健康に過ごす秘訣はコレが一番。

穏やかに体を動かす。

穏やかに食事をする。

いつも「穏やかに」と唱えながら生きる。

いつも「自由に」と唱えながら生きる。

こう書くと弛緩して生きていく様に見える。

でも違う。

自律神経と同じで緊張と弛緩のリズムが重要。

力を入れて脱力する。

頑張った後にリラックスする。

力を入れる時も頑張る時も楽しく対応する事が重要。

力を入れた後脱力すると筋肉が喜ぶ。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

生老病死 R3・4・10

4月2日に家内の父が亡くなった。

これで私も家内も共に両親がいなくなった。

という事で墓はどうする?

四人まとめて一挙に。

信心深い訳ではないのであまり深く考えない。

でも両親に対する感謝の気持ちだけは忘れない様にしたい。

形なんてどうだっていい。

ようは心の置き所ひとつ。

健康と富は誰もが願う。

病死と貧困は誰もが忌み嫌う。

俗に生きるとはその感情とどう対処するかだ。

「健やかなる時も病める時も」・・・両極端が直線上にある。

富と貧困だって直線上にある。

直線上を走って得るものを「成長」という。

生きる意味もあるし死ぬ意味もある。

富める時も貧する時も意味がある。

その時点でどう考えるか。

日々の心のあり様が生きるという事そのもの。

この頃怖いものが少しずつ無くなってきた。

進んでもいいし逃げてもいい。

高村光太郎ではないが「私の後に道は出来る」

そして一番大切なことは・・・

貧富の差、性差、すべてにおいて差別しない事。

全ての人と同じ様に接するのが楽な生き方。

漢方のかわい薬局電話052-471-3774

腸活  R3・4・7

私が腸活で飲んでいるのがコレ。

腸内を綺麗にすれば免疫力が上がる。

腸内を綺麗にすれば気分爽快。

腸内を綺麗にすればお肌絶好調。

腸内を綺麗にするって?

ヨーグルト?

逆に腸が汚れるのって?

一番はストレス。

次に体を冷やす事。

野菜不足。

何をすればいいのかおのずと解ってくる。

ココロとカラダのバランスを考える。

いつも買わない野菜を買ってみる。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

桜吹雪 R3・4・2

4月新年度が始まった。

スーツを着た新社会人の姿を街で見かける。

まだまだ様になっていない所が初々しい。

私もスーツは普段着ない。

冠婚葬祭でスーツを着る機会が何年かに一度ある。

鏡に映った自分の姿に「似合ってないな〜」と語りかける。

新社会人、新入学生を祝福する様に桜が舞い散っている。

散り際が美しいのが桜。

色々な事情の人が色々な人生を歩む。

人生何が素晴らしいかの基準なんて無い。

打ち込んでいる姿は誰であれ素晴らしい。

人生には良い時も悪い時もある。

でも後から考えるとたいした波ではない。

死ぬまでやりたい事をやればいい。

死ぬまでその一歩を踏み出せばいい。

そしてハラハラと人生を終わっていけばいい。

死んでまで持っていけるものは無い。

人を測る基準は名声でも名誉でも財産でもない。

新年度、気分良くスタートだ。

桜は散り際の美しさを教えてくれる。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

ノーシーボ効果 R3・3・27

プラセーボ効果は聞いた事があると思う。

心理的に効くと思い込ませる効果。

「痛いの痛いの飛んでいけ〜」

あら不思議、痛みが波が引くように消えていく。

コレがプラセーボ効果。

その反対がとっても怖いのです。

そな名をノーシーボ効果。

不安を心に焼き付けるとその通りになるというもの。

「顔色凄く悪いね、大丈夫?」

そんな事を何人にも連続して言われたら・・・

本当に病気になってしまうのです。

人間は本来怖がりだと思う。

特に漠然としたものに対しては特に恐怖感を感じる。

医学書を読み漁っている人がいます。

全ての病気の症状が自分に当てはまる。

そして「私もうダメ!」となるのです。

自分で自分を追い込む?

いえ、違います。

追い込んだのは外からの情報。

自分の思考は全く閉ざされたままです。

太った人はコロナに感染すると重症化する。

高齢者はコロナに感染すると重症化する。

テレビ、ラジオ、新聞で何万回と流しています。

大丈夫でしょうか?

言葉で人を傷つける事も殺す事もできるのです。

もうすぐ4月、新年度スタート。

新しいい生活様式に慣れるだけでなく、構築していかなければ。

その時の思考はプラセボー的であって欲しい。

出来なくなった事を嘆かず出来る事を見つける。

漢方のかわい薬局電話052-471-3774

薬の神様 R3・3・19

外堀通りの南にある小さな小さな神社を見つけた。

その名は少彦名神社。

この辺りは昔の薬草問屋や薬屋が多くあった場所。

その為か薬の神様を祀っている。

薬局を営んでいる私もお参りしない訳にはいかない。

どちらかと言うと信心深くない私。

でも薬の神様は居ると感じている。

というか薬の神様を見た事がある。

緑と茶色の髭を生やした2メートルくらいの神様。

困った時に現れて答えを導いてくれる。

薬とは草で楽になるもの。

生きた草根木皮のエネルギーを頂くのが薬。

自然界にあるものと意思疎通ができる神様が薬の神様。

漢方薬は沢山の生薬から出来ている。

生薬同士がどうやら意思疎通をおこなっているらしい。

そこから出される波動が人を楽しませ楽にしてくれるらしい。

その草花の波動をキャッチできる人は良く効く。

漢方は証を見つける事が大切という。

もちろん異議を唱えるつもりはない。

でも漢方は感じる事がもっと大切。

感じる事は生きるうえで最も大切だとお思う。

漢方のかわい薬局電話052-471-3774

ディスカバリー R3・3・17

クリスマスローズが咲き乱れています。

土が合っているのか、隙間を見つけて増殖中。

全ての生き物に言えること・・・

合うか合わないかは謎のファクターがあると思う。

漢方薬でも言えること。

効く人には効くだけの土壌が備わっている。

それは雰囲気でわかるもの。

土壌作りをしっかりした方がいい人もいます。

だから私は全ての相談を漢方で対処していません。

わからない時は出しません。

そんな時に使うのがサプリメント。

数あるサプリメントを人によって使い分ける。

それも雰囲気でだいたいわかるようになってきました。

でも100%ではありません。

だからまずは試してみることから始めます。

もちろん漢方薬にも言えること。

よく使う物はほとんどお試しが出来る様にしてあります。

それをサンプルもしくはサンプリングと言います。

でも私の頭の中ではその単語がしっくりきません。

何か別の名前をつけたいのです。

「Found」でも「locate」でもない。

そうだ!「Discover」

ディスカバリー!

驚きのある発見をして欲しいといった願いがあるのです。

「カラダが変わるとココロが変わる」

「ココロが変わると世界が変わる」

だから「サンプル」でなく「ディスカバリー」なのです。

やらなければ変わらない、飲まなければ分からない。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

儺追をもらいに R3・3・13

国府宮の裸祭は今年は中止。

せめて儺追だけでも手に入れようと出掛けた。

名古屋の人はほぼ全員、車、自転車、鞄にこの儺追を縛っている。

他府県から来た人は「なんじゃコレ?」と思うだろう。

でもコレは名古屋の常識なんです。

私の店もレジ横に縛り付けている。

勿論車にも自転車にも・・・

この時期「疫病退散」の意味も込められるはず。

一年をゆうに過ぎても未だに振り回されている。

そろそろ頭を切り替える時だと思う。

コロナの感染者数。

コロナから身を守るワクチン。

コロナが・・・コロナが・・・

コロナが一人称になってるの変ですよね。

一人称は絶対に「私達」でなければいけない。

「私達」の力を高める事が一番のはず。

全くそれが出てこない。

だから私達が負けてしまっている。

病気を見るのが現代医学。

人を見るのが東洋医学。

漢方がもう少し役立ってもいいと思う。

なんたって人の防衛力を高めるのが漢方だから・・・。

春は出来るだけ体を動かそう!

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

昨日は震災から10年 R3・3・12

辛夷の花が大好きで家の玄関に植えたのが10年前。

東日本大震災の年に家を建て替えた。

昨日3月11日が丁度震災の日。

家を建てるのと結婚は、はずみで行うもの。

10年で復興は進んだのだろうか?

復興とは元に戻す事ではない。

新しく興したものが以前より良いものでないといけない。

だから復興には終わりがない。

進化し続けるなければいけない。

その為にいちばん必要なのがマンパワー。

これはインフラ整備のための人の力ではない。

人間の想像力。

想像できる事は全て実現する。

逆に言えば想像できないことは実現しない。

10年前は「頑張れ!」と言えなかった。

「頑張っている人にこれ以上頑張れと言ってはいけない」

「頑張ると言う言葉は逆に重圧をかけてしまう」

そんな事が囁かれた時期だった。

でも10年の時間が流れた。

今ならあの時言えなかった「頑張れ!」が言えるはず。

ただもう少し付け加えたい。

「頑張って楽しめ!」

これは今を全て受け入れた人だけに贈ることが出来る言葉。

全てを受け入れてこそ新しい事がスタートする。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

桜が満開! R3・3・10

「桜が咲いた!」

名古屋市東区の大寒桜と寒緋桜が今満開。

夜のジョグを兼ねて桜見。

写真は二葉館。(川上貞奴邸を移築)

この辺りは洒落た豪邸が建ち並んでいる。

駐車場には超のつく高級車。

住む世界が違うとはこの事を言うのだろう。

ウ・ラ・ヤ・マ・シ・イ。

とは思わない。

隣の芝生は枯れているより青いほうがいい。

桜を見て美しいと思える心が素晴らしい。

豪邸を見て素敵と思える心が素晴らしい。

そんな境地に近付きつつある。

昔は所有する事が豊かさだと思っていた。

でも今は違う。

所有したい物は気持ちが楽になる物。

所有していい物は気を遣わなくていい物。

そしていちばん所有したい物は・・・

穏やかなココロと何処にでも行けるカラダ。

今年は割り切ろう。花見とは花を愛でる事。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774