Category Archives: 心のつぶやき

極上の秋 R4・10・1

今日から10月スタート。

雑木林で見つけた小さな秋。

コレなんというキノコなんだろうか?

5ミリほどの真っ白なキノコ。

土を足の裏で感じ、森林の中に咲いている小さな花やキノコに心癒されながら過ごした休日。

自然を素晴らしいと思う私の心が素晴らしい。

花を綺麗だとお思う私の心が綺麗なのだ。

そう、自分を褒めることを大いに推奨する。

自画自賛して何も悪い事はない。

誰にも迷惑を掛けないし、誰も傷つけないのだから。

自分の心でフォーカスしたものが目の前に現れる。

病気をフォーカスすれば病気が現れる。

自分をダメだと思えばダメな自分が現れる。

自分を素敵だと感じれば素敵な自分が現れる。

誰がなんと言おうと今年の秋は最高の秋を満喫する。

私はそう心に訴えかけているから必ず最高の秋になるはずだ!

そうそう、明日はZipFM主催の秋の酒祭りに行く予定。

たくさんの蔵元の秋の新酒が楽しめる。

栄オアシスで秋風を感じながらの一杯。

これぞ極上の秋だぜ。

そんな感じで、皆様も最高の秋を!

値上げラッシュの10月。節約は大切だが楽しむことを忘れずに!

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

急に秋 R4・9・21

台風が去って空気が入れ替わった。

夜はタオルだけじゃ寒いくらい。

そんな日に息子の秋の体育祭。

仕事を1時間遅らせ見に行った。

運動神経を何処かに忘れてきたのか、母親に似たのか体育祭では全く目立たず、今回のハードル走も3人中2番目。

でも体を動かすことは嫌いではない。

スポーツは競うものと楽しむものがある。

どちらも間違ってはいない。

ただ競いすぎると楽しむことが出来なくなる事がある。

凡人は競うのは自分に対してだけでいい。

他人と競う人はストイックな人に限られる。

センス+ストイックが要求されるのが競技者という人たち。

スポーツの秋、体を動かすことは食事に気をつけることと同じくらい大切。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

悟りをひらく R4・9・20

今日は彼岸の入り。

23日の秋分の日を挟んで前後3日が彼岸。

花は季節を感じる事が出来るのか、彼岸花が咲き始めた。

太陽が真東から出て真西に沈み、昼と夜が同じになる時期。

西方浄土への道標が出来る時期。

此岸(しがん)と彼岸(ひがん)が最も近づく日。

だからご先祖様を敬う時期でもある。

そういえばしばらくお墓詣りに行っていない。

毎朝仏壇に手を合わせ般若心経を一巻あげているのだが、近さを感じる為にもお墓参りに行かなければと思う。

先祖あっての今の私。

良い部分も嫌な部分も受け継がれてはいるが、一欠片でもいいから煩悩を捨て去り次の世代に渡していきたい。

そう、渡していくものは「心」

綺麗な心を渡すのか?

汚い心を渡すのか?

煩悩というものが心を汚すのは間違いないのだが。

そんなに簡単には悟りをひらける訳ではない。

心の綺麗さが数値化でも出来れば、もっと頑張れるのに。

だから心が綺麗なふりをした心の汚い私がいるんだけれど・・・

欲を抑えると心も体も綺麗になる。だから時々食欲を抑えて食べない時間を作ってみるのもいい。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

あなたの苦行は? R4・9・17

円空といえば荒削りな仏像というイメージ。

江戸時代の仏師で生まれが美濃。

高賀山の入口にある円空記念館。

拝観料は250円。その割には見どころいっぱい。

木曜日の平日という事もあってほぼ貸切状態。

生涯を仏像を掘ることに捧げた人生。

コロナ禍、ウクライナ情勢による物資の高騰や円安による価格高騰。心穏やかに生活するのが難しい今。

苦しみや悲しみを乗り越える為に人は何をすればよいか?

苦しみや悲しみを纏えばいい。わざとその中に身を投げ出せばいい。

暗い中に真白な服を纏えば浮いた状態、心も落ち着かない。

そんな時はグレーな服を纏えば世界に馴染むし、心も落ち着く。

それが苦行であり修行である。

その中で光を一筋見出せればそれが幸せかもしれない。

そんなことを感じながら円空の仏像を見た。

私も苦行の中に明かりを見出したい。

それをその人の大義名分という。

台風が本土に上陸しそうです。甚大な被害が出ないことを願っています。皆様お気をつけてお過ごし下さい。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

鮎を食べに R4・9・16

9月15日は結婚記念日。

あの頃はお金が無かった。

新婚旅行の夕食もチェーン店の居酒屋。

せめて少し余裕の出来た今は、少し良いものを食べたい。

で、今回はアユのコース料理。

でも貧乏癖は抜けなく、上から2番目のコース。

その位の贅沢を幸せと思えるのがいい。

手の届く欲望があれば日常に張り合いを感じる事が出来る。

日常生活でのアクセントとしての欲望は持った方がいい。

あくまで嫌味でないくらいの。

その後はやっぱり「モネの池」に寄った。

来年も健康で来れるといいな。

手の届くちょっとした贅沢は張合いに繋がる。常に楽しい計画をしているのが幸せを続けるコツ。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

満月の夜は R4・9・12

土曜の夜は中秋の名月。

中秋の名月は満月という訳ではないが、今回は満月。

あまりにも綺麗な夜空なのでスマホで撮ってみたが、撮れた写真はなんだか???

満月の日は人間のカラダは解毒の働きが高まる。

だからファスティングをすると肝臓の働きが正常に戻ってくれる。

少し遅くなったが、今日ファスティングをしようとお思う。

昨日の夜に2時間飲み放題プランに挑戦してしまった。

飲み放題、食べ放題は年齢的に無理だとわかっていても懲りないものだ。

肝臓の機能を高める為に田七人参とササヘルスをがぶ飲みし、胃腸と肝臓を労わるぞ!

それにしても朝から気持ちが悪いし、目が回る。

飲み過ぎ食べすぎしてもいいけど、しっかりリカバーだけはしましょう。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

信用とは? R4.9.10

エリザベス女王が逝去した。

会った事もなければ話した事もない。当然だが。

映像で見て「目力」だけが印象に残っている。

「怖い」とも違うし「引き込まれる」とも違う。

歳を重ねても「目」の力は失われなかった。

年齢とともに目力が衰えるのに彼女は最後まで凄い目力だった。

今の上皇陛下も最後は目力が無くなっていた。逆に穏やかな目になっていた。

政権を二度にわたって投げ出した安倍晋三氏に至っては死んだ魚の様な目をしていた。

物事を放りだす大人は絶対的に嫌いだ。

私の信条「やると決めたら死ぬまでやる」

だから安倍晋三の国葬には一欠片の心も参加しない。

大欲のある人の目力は凄い。小欲しかないひとの目力は感じない。

人は目を見れば信ずるに値する人かどうかがわかるものだ。 

人間死ぬまで生きなければいけない。「生きるとは何か?」と考え続けて。

努力すれば報われる?そうじゃないだろ報われるまで努力するんだ」  by メッシ

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

値上げの秋 R4・9・7

猫と一緒に花火!

夏の終わりに花火。

いや、夏の終わりじゃなく秋だね。

赤トンボも里に降りてきてほんの少しだけ秋の気配を感じるが日中はまだまだ暑い。

しっかり胃腸を温め、しっかり湯船に浸かって夏の疲れを取らなければいけない。

このところ値上げラッシュ。

お湯を溜めないと水道代がひと月5000円節約出来るといった話があった。

これは決して節約ではない。

自律神経を安定させリラックスする体にとっての素晴らしい習慣を捨てる事だ。

体に対する投資をケチったことにほかならない。 

節約することとケチることは似て非なるもの。

値上げの秋だが元気に前を向いて歩いて行きたい。 

そろそろ冷たい物を控えて温かい食事を心がけよう。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

夏を満喫 R4.8.30

大阪は無料の渡し船が8ヶ所ある。
市民の足だが観光に使ってもよい。
ユニバーサルと海遊館を楽しんだ夏

長男は中3の受験生。

夏休みを満喫しているが、いいんだろうか?

強要はしない。

「言わないでおこう」と我慢する自分が情けない。

ま、自分の人生をどう切り開くかは自分次第。

それなりに成長しているのは感じている。

親は自分の経験をもとに子供に期待をかける。

期待通りにいったとしても自分止まり。

ならば、言わない方がいいに決まっている。

「何がしたい?」と問いかけるだけでいい。

それに対して言葉で、金銭で応援する。それしかできない。

思い通りにいく経験も必要。

思い通りにいかない経験も必要。

「何かをする時に手を抜くな」とだけは伝えたい。

真剣になるから楽しくなるし、身につくものも多くなる。

置かれた場所で精一杯。

そうしていると勝手に向こうから次のステージがやってくる。

今日から通常営業

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

ダサヘル入荷 R4.8.23

当然のように全てのものが値上がり。

気持ち的に「お客さまの負担はなるべく避けたい」となると値上げ前に少しでも商品を取っておきたい。

第一弾が到着。

さて、倉庫を持たない、店も狭い当店でどうしよう?

第二弾第三弾の入荷もひかえている。

ササヘルスの上に布団でも敷いて寝るしかないのだろうか?

全部履けるまでは元の値段で売り続けます。

なので纏め買いをする必要はありんせん。

でもいつかは値段が上がってしまうのはしょうがない。

新商品のパッケージも変わる。

今のパッケージの方が断然いい。

世の中はどんどん変わっていくし、それについていかなければいけない。

わかってはいるが、値上げの波には少しでも贖い続けたい。

値上げに贖うと言うことは、自信のない現れなのかもしれない。

ササヘルスは10月3日より値上げします。

漢方のかわい薬局はしばらくは旧価格での販売を継続します。

漢方のかわい薬局 電話 052-471-3774

http//kanpou-Kawai.com